中央エントランス駐車場から中の島まで歩き、シギ(アオアシシギ?)を見る(9月20日)

0

    皆様 今朝はワンちゃんを車に乗せ、56分に出発しました。雲でどんよりとしていて、朝焼けの様子はまったく見えませんでした。ハシブトガラスは455分に東で鳴き出し、玄関に出た時は西でハシブトガラスが争うような鳴き声を上げていました。気温は21度でした。

     

    中央エントランス駐車場に516分に着きました。気温は20度でした。ワンちゃんを車から降ろし、散歩を始めました。ハシブトガラスとハシボソガラスが鳴いていました。

     

    下宮橋を渡って真ん中に来た524分、谷田川西岸でホオジロが囀りを始めました。明るくなってきた東の空を谷中湖南ブロック北西岸より望むここではホオジロがまだ囀っているのですね。916日に大島堀川でホオジロが囀っていましたが、どうも谷田川沿いではホオジロが囀っていると考えていいようです。モズも鳴きました。

     

    谷中湖南ブロックの北西端から東を見るとほんのりと明るくなってきました。写真を添付します。そして目を北ブロックに移すと、なんとシギが南西端にいます。谷中湖北ブロック南西端に立つシギ(アオアシシギ?)近づきながら写真を撮り続け、一番近づいたと思ったとき、ワンちゃんがシギに気づいて追っかけました。北ブロック上を飛ぶシギ(アオアシシギ?)シギはピューピューと鳴きながら10メートルほど北に下りました。ワンちゃんは興味を失ったようで、近づくのを止めたので、またシギに向かって写真を撮り続けましたが、今度は私が近づきすぎたようで、ピューピューと鳴きながら、水面スレスレに東に飛んでいきました。シギの鳴き声はこのあとも方々から聞こえてきましたので、場所を変えていたのでしょう。帰って種類を調べました。最初セイタカシギかと思いましたが、脚がピンクではありません。アオアシシギでしょうか。確信が持てません。詳しい方、お教えいただければ有難く存じます。 

     

    道に戻り、散歩を再開しました。南ブロックを見ると、岸にたくさんのカラスが集まっていました。どうも死んだ魚を食べていたようです。

     

    谷中湖北ブロックと三毳山を西橋手前から望む西橋に近づくと、北の山がきれいに見えました。日光連山と赤城山は見えませんでしたが、足尾連山は部分的に見えました。ここでは三毳山の写真を添付します。そこにご夫婦がやってきて、西橋端で鳥に餌をやり始めました。見ると黒っぽいドバトが餌を食べていました。

     

    西橋を渡ると、スズメが20羽、30羽と飛んで来て、西に行くもの、岸に下りるもの、いろいろでした。岸に下りたのはエノコログサの実を食べるのでしょう。

     

    谷中ブロックを南岸から望む中の島でワンちゃんを杭に繋いで、谷中ブロックを見に、観察台に沿って岸を下りました。雑草がはびこっていて、途中までは苦労しましたが、観察台下には草が少なく、岸に近づくことができました。谷中ブロックにはシラサギとトビ以外の鳥は見られませんでした。まだカモは渡ってきていないのでしょうか。がらんとした北ブロックの写真を添付します。戻るとき、草に実をつけたオナモミが混じっているのを見ました。

     

    ワンちゃんに戻り、道を引き返しました。西橋を渡ると、トビの鳴き声が聞こえてきました。コジュケイも南の方で鳴いていました。こんなに広い沼なのにカルガモは4羽しか見ませんでした。駐車場の車に戻り、ワンちゃんを乗せ、518分に帰路に就きました。今朝は、ホオジロの囀りは聞きましたが、ウグイス、オオヨシキリ、コヨシキリの囀りは聞こえませんでした。  高際澄雄


    横堤入り口から新川沿いを歩き、コヨシキリ数羽の囀りを聞く(9月19日)

    0

      皆様 今朝はワンちゃんを車に乗せ455分に出発しました。ハシブトガラスが450分に東で鳴き出しました。空には斑状の雲が出ていました。気温は20度でした。

       

      田淵工業から田んぼに出て、クラブハウス西の沼に行きました。917日に飛び立った5羽のカモが小さく見えたので、気になって仕方がないのです。クラブハウス西の沼のハスの花ひょっとしてコガモがもう渡ってきているのでしょうか。そこで沼の南に車で回り、開水面を見ましたが、カモはいませんし、鳴き声も聞こえません。5分ほど待ちましたが、カエルやサギ以外の鳴き声は聞こえてきませんでした。そこで諦め、散りそうなハスの花を写真に撮りました。東でハシボソガラスが鳴きました。

       

      横堤北の土取り跡沼と筑波連山周囲堤を越え、ゴルフ場のゲートを抜けて、横堤に向かいました。横堤ゲートを抜け、横堤の西の土取り跡沼脇に515分に着きました。気温は18度でした。ワンちゃんを降ろして散歩を始めました。西の土取り跡沼にも南の土取り跡沼にも水鳥はいませんでした。ひょっとしたら北の土取り跡沼にはいるのではないか、と思って覗いてみました。しかし、ここにもいませんでした。筑波連山がうっすらと見え、斑模様の雲もありましたので、写真を撮りましたので、ご覧ください。

       

      歩いていくと、525分、西のヨシ原から1羽のコヨシキリの囀りが聞こえてきました。そして少し進むと、北の土取り跡沼の北のヨシ原から数羽のコヨシキリの囀りが聞こえてきました。今囀るということは繁殖行動が行われているのでしょうか。しかし、すぐに渡りを始めなければならないはずです。不思議です。

       

      新川に近づくと、東のヨシはらからケキョケキョケキョ、チャチャチャと谷渡りと地鳴きを混ぜながら鳴いていました。不思議な鳴き方でした。

       

      新川にもカモはいませんでした。ボートに乗って男の方が釣りをしていました。時々バシャッと魚が跳ねました。クワの河畔林に沿って西に歩きました。道は雑草がはびこっていて歩きづらいことこの上ありませんでした。オオブタクサが一番多く、セイタカアワダチソウ、ムカシヨモギ、クズで草をかき分けながら進まなければなりませんでした。

       

      新川上を西に飛ぶカルガモの大群クワの河畔林の西端に535分に着きました。しかし草はさらにはびこっていて進むのは難しく、もどることにしました。すると3羽のカルガモが飛び立ちました。

       

      新川沿いに歩き、クワ河畔林の東端に550分に着きました。カルガモが2羽飛び立ちました。そこで戻り始めると、最初20羽くらい、つぎに50羽くらいのカルガモの群れが新川の上を西に飛んでいきました。その時に撮った写真を添付します。

       

      数羽のコヨシキリの囀るヨシ原と横堤屋敷跡北の土取り跡沼の北のヨシはらでは数羽のコヨシキリが鳴き続けていました。その時撮った写真を添付します。6時の赤麻寺の鐘が鳴った時、東でキジが鳴きました。

       

      車に戻り、ワンちゃんを乗せ、65分に発車しました。一本榎の脇を抜け、横断道路に入って、クワ並木の東端を抜け、新川を見ると、5羽くらいのカルガモが泳いでいました。そして池内水路の流れ出しを歩いてみると、2羽のカルガモしかいませんでした。

       

      今朝は、コヨシキリの囀りを聞き、ウグイスの地鳴きと囀りの中間の鳴き声を聞きました。しかしオオヨシキリとホオジロの囀りは聞きませんでした。  高際澄雄


      << | 2/301PAGES | >>

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

      ワンちゃん(ジャレッド)

      愛犬ジャレッド

      東京のイベント紹介

      selected entries

      archives

      recent comment

      • 第1ゲートからヨシ原浄化地を歩き、ジャレッド怪我をする(9月15日)
        赤上 (09/16)
      • ゴルフ場サイレン搭から横堤に向かって歩き、オオヨシキリとコヨシキリの囀りを聞く(9月12日)
        赤上 (09/13)
      • 一本榎から横堤屋敷入口まで歩き、オギの出穂を見る(9月11日)
        赤上 (09/11)
      • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩く(9月1日)
        迷鳥 (09/03)
      • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩く(9月1日)
        迷鳥 (09/03)
      • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩く(9月1日)
        赤上 (09/01)
      • 田中正造翁像から増水した渡良瀬川を見て歩く(8月20日)
        赤上 (08/20)
      • 台風通過直後の周囲地を歩く(8月8日)
        迷鳥 (08/08)
      • 台風通過直後の周囲地を歩く(8月8日)
        赤上 (08/08)

      recommend

      The Pelican Brief
      The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
      John Grisham
      ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM