中央エントランス駐車場から中の島まで歩き、たくさんのカモを見る(11月21日)

0

    皆様 今朝はワンちゃんを車に乗せ、543分に出発しました。全天快晴で、シリウスもオリオン座も、プロキオンもふたご座も輝いていました。西にはアルデパランも光っていました。鳥は鳴いておらず、気温は5度でした。

     

    中央エントランス周囲堤より朝焼けの中の筑波山と谷中湖を望む高間の信号機で止まっていると、左手に明けの明星、その上にスピカが見えました。中央エントランスのゲートを抜けると、筑波山から南が広重の版画のように朝焼けに輝いていました。筑波山と谷中湖を写真に撮りましたので、ご覧ください。

     

    駐車場に556分に着きました。気温は4度でした。ワンちゃんを降ろして散歩を始めました。筑波山の写真を撮っているときはハシブトガラスが西で、駐車場ではすぐ近くにハシボソガラスが鳴いていました。下宮橋から谷田川を見ると、下流側にカワウが3羽、上流側にカワウが2羽泳いでいました。

     

    谷中湖南ブロックのヒドリガモの群れ谷中湖岸に出ると、南ブロックの西岸側に50羽くらいのカモがいました。少し南に歩いて写真を撮りました。暗いので姿ははっきりと写せなかったのですが、ピューピューという鳴き声からヒドリガモだと分かりました。写真を添付します。カンムリカイツブリとオオバンが混じっていました。

     

    谷中湖北ブロックのカルガモたち谷中湖と日光連山北ブロックに戻ると、こちらにも50羽くらいのカモがいて、見るとカルガモでした。写真を添付します。北には日光連山がはっきりと見えましたので、写真を撮りました。ご覧ください。

     

    ここから西橋に向かって歩きました。北の護岸には20羽くらいのセグロセキレイが歩いたり、飛んだりしていました。西橋ではスズメが鳴いていました。

     

    谷中湖南ブロックのマガモの群れ西橋を渡ると、南ブロックには50羽、80羽、100羽のカモの群れが3群いましたが、確認した限りマガモでした。その一部の写真を添付します。北ブロックには40数羽のマガモが遠くにいました。

     

    谷中湖南岸からの日の出中の島に来ると、南ブロックが金色に輝き始めました。しばらく待っていると朝日が昇ってきました。写真を添付します。周囲を見ると、ヌマスギがかなり葉を落としていました。しかしシダレヤナギはまだ葉をつけています。

     

    谷中ブロックは相変わらす満水で、河岸林を抜けることはできませんでしたが、少し下りられました。カモも河岸林の向こうにたくさん見えたのですが、そして鳴き声からマガモのようでしたが、写真を撮るのは無理でした。ここから道を戻りました。

     

    谷中湖南ブロック北岸のポプラに止まるトビ少し西に歩くと、南ブロック北岸のポプラに大きな鳥が止まっています。昨日のようにノスリかと思いましたが、よく見るとトビでした。しかし近かったので、トビの精悍さが撮れましたので、添付します。

     

    西に向かって歩くと、正面に赤富士が見えました。この方向なんですね。西橋に近づくと、かなりつよく西風が吹き、北ブロックの岸に波が打ち付け、音を立てていました。駐車場に戻り、ワンちゃんを乗せました。着いたときは3台しかなかった車が7台に増えていました。651分に帰路に就きました。

     

    横堤南の土取り跡沼のマガモつがい昨日午後、横堤土取り跡沼を見て歩いていると、南の土取り跡に2組のマガモのつがいと2羽のオオバンがいました。朝にはオオバンしか見ませんでしたが、マガモの鳴き声は聞いていたので、朝から居続けたのかもしれません。写真を撮ると、マガモの気品が分かりました。群れや歩いている姿からは想像できない美しさです。カモのうちで一番美しいのかもしれません。ありふれたカモなので見落としていました。写真をご覧ください。  高際澄雄


    新川沿いを歩きカモとノスリを見る、昨日チュウヒを撮る(11月20日)

    0

      皆様 今朝はワンちゃんを乗せ、544分に出発しました。玄関を出ると、シリウスとプロキシオンは見えていましたが、雲がありオリオン座は見えませんでした。鳥はまったく鳴いていません。気温は1度でした。

       

      横堤西から雲の多い筑波山を望む田淵工業の東の田んぼを抜けるとき、明の明星が見えたのですが、ゴルフ場のゲートを抜け、サイレン搭を過ぎると、明けの明星は見えなくなりました。ゴルフ場南コースの入り口を過ぎ、横堤手前の道端のオギが刈られたところに来ると、筑波山が見えてきました。今朝は雲が多いのですが、筑波山の形はよく見えます。写真をご覧ください。このとき、まずハシブトガラスが、すぐにだみ声のハシボソガラスが鳴き出しました。気温はマイナス3度でした。

       

      横堤のゲートを抜け、南の土取り跡沼を見ると、久しぶりに鳥がいます。写真を撮って家で調べるとオオバンでした。さらに北の土取り跡沼を見ると、カモはいましたが、数は少なく、見える範囲では10羽いるかどうかでした。さらに新川に進みました。水鳥は全くいません。一昨日脱輪した場所に来たので、アスファルトから出ないように駐車しました。アスファルト道路の路肩が大きな段差になっている場所はかなりあり、今後要注意です。

       

      水が激減した中洲沼ワンちゃんを降ろして散歩を始めました。時刻は61分、気温はマイナス3度でした。すぐ近くに3羽のカモがいました。写真を撮って家で調べると、ヒドリガモでした。新川の水位が下がっており、中洲で沼を形成していた場所にほとんど水がなくなって、カモは泳げないほどです。そのためほとんどカモがいなくなりました。写真をご覧ください。

       

      新川に沿って歩いても、ほとんどカモは見られません。新川末端に着き、池内水路の流れ出しを見ると、遠くに3羽、近くに2羽の水鳥がいました。写真を家で調べると遠くの3羽はヒドリガモ、近くの2羽はオオバンでした。

       

      新川のハシビロガモ新川で餌をとるハシビロガモ623分、引き返しました。北の山々は、日光連山、足尾連山は頂上部が雲に隠れていて、赤城山だけ全体が見られました。しばらく歩くと、630分、朝日が昇ってきました。そしてさらに北に行くと3羽のカモに会いました。よくみるとカルガモでした。昨日のラムネットニュースによれば、谷津干潟で中国黒竜江省から飛来したカルガモが見られたとのこと。カルガモも渡りをする個体がいるのですね。その隣にはハシビロガモが3羽いて、写真を撮っていると、やがて逆立ちをして川の中の餌を探し出しました。珍しいので、写真を添付します。

       

      新川岸のヤナギに止まるノスリやがてご夫婦で写真を撮っておられるところに来たので、挨拶すると奥様はジャレッドに興味を持たれたようでした。ここから車に戻り、方向転換をして帰り始めると、ヤナギが見える場所来て、タカが止まっていることに気づき、駐車をして写真を撮りました。最初はオオタカかと思いましたが、胸に縞がありません。ノスリだと分かりました。方向を変えながら撮っていると、さっきのご夫婦の車が来たので、止めて「鳥に興味はありませんか。」と聞きました。すると無いとのこと。それであそこにノスリがいるのだと言うと、お二人とも「あれがノスリですか。」と興味深そうに見て、「鳥をとっているんですか。」と聞かれたので、「鳥も、植物も、景色もです」と言うと笑っておられました。ノスリはこの間もじっとしていました。

       

      横堤北の土取り跡のヨシガモ昨日、夕方の散歩で横堤付近を620分から20分間歩きましたので、報告します。横堤北の土取り跡沼には、東のヨシに近く20羽くらいのカモがいました。見た時は頭部が青いのでマガモだろうと思っていましたが、調べるとヨシガモでした。写真をご覧ください。そして北に歩いて行くと、チュウヒが飛んできました。ヨシ原の上を飛ぶ2羽のチュウヒチュウヒはヨシ原を低く飛ぶので道端のオギが邪魔になり、写真を撮るのが大変難しいのですが、2羽が近くを飛んだ時に写せましたので、添付します。夕方ゴルフ場の南コース入り口で2、3人の方が大きなカメラを3脚に設置して待っているのを見るのですが、あんなふうにして狙わないと、いい写真は撮れないのでしょう。  高際澄雄


      << | 2/329PAGES | >>

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

      ワンちゃん(ジャレッド)

      愛犬ジャレッド

      東京のイベント紹介

      selected entries

      archives

      recent comment

      • 下生井の旧思川跡を見て歩く(10月1日)
        高際澄雄 (10/01)
      • 下生井の旧思川跡を見て歩く(10月1日)
        赤上 (10/01)
      • 史跡ゾーンを歩き、ヌマスギを調べる(9月29日)
        高際澄雄 (09/30)
      • 史跡ゾーンを歩き、ヌマスギを調べる(9月29日)
        赤上 (09/29)
      • 第1ゲートからヨシ原浄化地を歩き、ジャレッド怪我をする(9月15日)
        赤上 (09/16)
      • ゴルフ場サイレン搭から横堤に向かって歩き、オオヨシキリとコヨシキリの囀りを聞く(9月12日)
        赤上 (09/13)
      • 一本榎から横堤屋敷入口まで歩き、オギの出穂を見る(9月11日)
        赤上 (09/11)

      recommend

      The Pelican Brief
      The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
      John Grisham
      ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM