人為攪乱型実験池で2羽のコウノトリと越冬に来たカモを見る(9月19日)

0

    皆様 今朝は愛犬ジャレッドを車に乗せ、5時22分に出発しました。昨夜8時ころから激しい雨が降り出し、途中から遠くの雷鳴が聞こえたらしく、ジャレッドがパニックになり、宥めるのに苦労しました。ところが玄関に出ると、晴れていて、ビワの木から我が家の2階にオニグモが巣を張っていました。写真を添付します。鳥は鳴いて居らす、気温は18度でした。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    北エントランスから周囲堤に上ると、久しぶりに筑波連山が見え、黄金に輝く朝焼け雲が見えたので、写真を撮りました。
     

     

    そこから横断道路に出ると、すぐにタヌキのような動物が道に倒れていました。車を停め、調べると、傷は無く死んでいました。帰って写真を確認すると、アライグマでした。この間2回ほど3匹がクワ並木の道を横切るのを見ていますが、やはりアライグマだったのでしょうか。可愛そうなので、歩車分離帯に移しました。

     

    鷹見台から第2水門に向かいそれから、人為攪乱型実験池に行きましたが、入り口にすでに2台の車が止められています。それで東に向かうと、どんどんと車が来ます。すれ違いに苦労をしました。第2の入り口に5時51分に着きました。ジャレッドを降ろし、散歩を始めました。

     

    人為攪乱型実験池に行くと、東のガマの生えていない区画にはカモがたくさんいました。前回同様、カルガモではないカモも混じっています。これは、後で確信したのですが、滞留していたカモではなく、渡ってきたカモです。写真をご覧ください。ピーピーという声も聞こえました。シギもいたようです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そして多くの車が来た理由が分かりました。コウノトリが2羽隣の区画で餌を獲っているのです。写真をご覧ください。住民票をもらったヒカル君かと思いまいたが、後から来た人がきずなときららだと教えてくれました。写真をご覧ください。
     

     

    すると、男の人がバケツを持ってやってきて、「犬は外へつないでおけ」とのこと。コウノトリの好物のドジョウを撒くのだそうです。やがてドジョウを撒き始めました。コウノトリはしばらく興味深そうに見ていましたが、やがてそのまま餌取りを続けました。私はどちらがきずなで、とちらがきららなのか、知りたくて、そこに集まっているご老人に近づこうとすると、「犬はだめだ」とのこと。犬の尊厳を無視した態度にむっとしましたが、親衛隊の皆様の言うことも一理あると考え、帰ることにしました。ヨシ原ではコヨシキリが囀っていました。
     

     

    車に戻り、ジャレッドを乗せ、堤防を目指しました。しかし他の掘削沼にはカモがまったくいません。ここから、石川、帯刀を抜け、湿地再生試験地に行きました。すると、今朝にはダイサギ、カルガモの他に小さなカモが混じっていました。写真で調べると、緑の次列風切りが見えています。これはコガモの特徴です。もうコガモが渡ってきたんですね。


     

    ここから帰路に就きました。  高際澄雄


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM