台風13号通過後のヨシ原浄化地を、第1ゲートから歩き、季節の生き物を見る(8月10日)

0

    皆様 今朝は愛犬ジャレッドを車に乗せ、5時19分に出発しました。結局台風13号は風台風で、この辺に雨はほとんど降らず、玄関に出るとほとんど雲のない空が見えました。鳥はスズメが鳴いているだけでした。気温は26度でした。

     


    篠山に近づくと、霧で家が霞むほどでした。それで北エントランスから周囲堤に上ると、ほとんど何も見えないほど霧が出ていました。写真を添付します。電光掲示板は今朝も「谷中湖に取水中」でした。

     

    ヨシ原浄化施設第1ゲート前に5時27分に着きました。気温は25度でした。ヨシ原浄化地にはほとんど霧はでていません。写真をご覧ください。ゲートの近くには赤みの濃いヒルガオの花がたくさん咲いていました。写真を添付します。草地ではオオセッカが、周囲でウグイスが囀り、オオヨシキリの地鳴きが聞こえました。ハシブトガラスも鳴いていました。


    東に曲がると、悪臭が鼻を突きました。ゴウゴウと水の流れ出す水口に、30センチのコイが2匹、20センチのフナが1匹、それより小さい魚がおよそ30匹くらい死んでいました。どうしてここで集まって死んでいるのか、理由は分かりませんが、分かったのはヨシ原浄化地の水路にもこんなに魚がいるということです。水が供給されていないとき、水が無くて死んだのでしょうか?


    そこから10メートル離れた水口には死んだ魚はいませんでした。

     

    南に曲がりヨシ原を見ると、穂が出ていました。写真を添付します。ところがもう一つ先のヨシ原を見ると、穂が全く出ていません。ここでも穂が出て居たり、いなかったりで、まだ全部出穂というわけにはいかないようです。


    するとヒラヒラとオハグロトンボが飛んで来て、ヨシに止まりました。今年初めてのオハグロトンボなので、写真を撮りました。

     

    観察池に行くと男の人が自転車を脇に置いてたばこを吸っておられました。篤農家の柿沼さんでした。腰が痛いので、ヨシ原浄化地も自転車で歩いているとのこと。魚が死んでいたことを話すと、柿沼さんも私とは別のところで、道の上に大きな魚が死んでいたとのこと。鳥が運んだのでしょう。

     


    観察台に上り、谷中湖北ブロックとヨシ原浄化地の写真を撮りました。添付します。

     

    観察台を下り、谷中湖岸まで歩きました。今朝は魚は1匹も死んでいませんでした。どなたかが片付けたのでしょう。

     


    多自然池の入り口近くの木を見ると、どんぐりが生っていました。帰って調べると、クヌギでした。写真をご覧ください。

     

    多自然池では、エキサイゼリの白い花(今朝は葉がよく分かるように写真を撮りました)、今にも咲きそうなフジバカマの蕾、タコノアシの花の写真を撮りました。


    中央舗道に出ると、ホオジロとウグイスが盛んに囀っていました。車に戻り、ジャレッドを乗せ、6時23分、帰路に就きました。今朝はコヨシキリの囀りを聞きませんでした。 高際澄雄


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 新川沿いを歩き、オギの出穂とワタラセツリフネソウの開花を見る(9月18日)
      高際澄雄 (09/21)
    • 新川沿いを歩き、オギの出穂とワタラセツリフネソウの開花を見る(9月18日)
      ランニングレポート(クロちゃん) (09/18)
    • 海老瀬川上流部を歩き、アレチマツヨイグサとクズの開花、コガマの出穂を見る(7月11日)
      高際澄雄 (07/13)
    • 海老瀬川上流部を歩き、アレチマツヨイグサとクズの開花、コガマの出穂を見る(7月11日)
      赤上 (07/11)
    • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩き、歴史の逆説の出発点を探る(7月8日)
      高際澄雄 (07/09)
    • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩き、歴史の逆説の出発点を探る(7月8日)
      赤上 (07/08)
    • 111年前の強制破壊を想いながら、旧恵下野堤防近くを歩く(6月29日)
      高際澄雄 (07/05)
    • 霧の一本榎道を歩く(7月1日)
      高際澄雄 (07/01)
    • 霧の一本榎道を歩く(7月1日)
      道子 (07/01)
    • 111年前の強制破壊を想いながら、旧恵下野堤防近くを歩く(6月29日)
      赤上 (06/29)

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM