台風5号による増水を調べるため、渡良瀬川岸に下りる(6月12日)

0

    皆様 今朝はワンちゃんを車に乗せ、5時6分に出発しました。昨日、台風5号の接近で梅雨前線が刺激され、午前中大雨が降りました。玄関に出た時は、空に青空が見えるところもあり、土一瞬朝日が輝きましたが、すぐに雲に隠れたようでした。スズメが鳴き、気温は19度でした。

     

    藤岡小学校から周囲堤に上り、今朝はハートランド城脇を通って、藤岡流量観測所下に5時12分に着きました。気温は19度でした。

     


    周囲堤に上り、藤岡流量観測所で写真を撮っていると、ワンちゃんがいなくなりました。見ると、女性にじゃれついています。あわてて、謝りに行きました。「私嫌いじゃないんだけどね。」とのことですが、大きな知らない犬にじゃれつかれたら嫌ですよね。

     

    ところがまた油断していると、ガードレールを潜り抜け、周囲堤の斜面を走って、女性に追いつきました。私も走り、すんでのところでリードを摑みました。女性は苦笑いをしていました。

     


    流量観測所沿いに中段に下り、さらに渡良瀬川の岸に下りようとすると、斜面が急で粘土に覆われ、長靴を履いていても、すってんころりん、尻餅をつきました。やれやれ。ワンちゃんは身軽に岸まで下りました。ここから流れを見ました。音をたてて勢いよく流れていますが、水量は特に多いわけではありません。水は濁っていました。をご覧ください。

    岸には、石川樋管川を覆っていた草が穂を出していました。6月10日はこの草がツルヨシだと書きましたが、近くで見ると違います。図鑑で見てもよく分かりません。クサヨシの仲間のようですが、ご存知の方教えてください。下流方向にも写真を撮りました。

    斜面を上がるのも苦労しました。転倒もしました。やっと中段に戻り、河川敷を見ると、ここにもクサヨシの仲間がかなり生えていました。

     


    ここから囲繞堤に上り、赤麻寺を写真に収めて、囲繞堤西の桜の木の下に行きました。大きな石碑があり、渡良瀬川改修紀念藤岡公園とあり、書いた人は岩崎清七さん、昭和9年とありました。ここから車に戻り、ワンちゃんを乗せ、6時36分、帰路に就きました。ズボンのお尻にはべっとりと粘土が付き、気持ちよくありませんでした。高際澄雄


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM