荒立樋管から西赤麻樋管まで周囲堤を歩き、赤間沼八景の2地点を確認する(5月23日)

0

    皆様 今朝はワンちゃんを乗せて、4時52分に出発しました。全体に曇っていましたが、東は明るくなっていました。スズメが鳴いていて、気温は17度でした。

     

    藤岡小学校東に来ると、朝日が眩しいくらいでしたが雲があって、やがて眩しさはなくなりました。荒立樋管下に4時57分に着きました。気温は17度でした。

     


    ワンちゃんを降ろし、周囲堤上の散歩を始めました。ウグイス、オオヨシキリ、ホオジロが囀り、キジが河川敷で、カッコウが遠くで鳴いていました。荒立樋管近くから北東の朝日の出ている空とオオヨシキリが盛んに囀っている河川敷を写真に撮りました。添付します。

     

    ジャレッドは坂本さんの家に行きましたが、すぐに戻ってきました。黒いワンちゃんがいなかったのです。ところがジャレッドが周囲堤上に戻ると、黒いワンちゃんがでてきました。ジャレッドの臭いが分かったのでしょう。

     


    渡良瀬川は水量が減ったようです。屈曲点で写真を撮りました。

     


    西赤麻樋管に近づくと、ドブセの田んぼが見えてきました。5月20日の谷中村の遺跡を守る会総会の記念行事で、石川善克先生が「赤間沼八景」について話されましたが、今日の散歩で2か所が入っています。愛宕つまりドブセと沢木堤つまり樋口の土手です。ドブセの田んぼはほとんどが田植えが終わっており、わずかな区画に小麦が残っています。小麦はまだ完全に熟してはいないようです。沢木堤はおそらく昔はもっと低かったのでしょう。写真は今の樋口の土手です。

     

    5時9分、道を引き返しました。5時13分、南からビジュービジューと自由鳥の鳴き声が聞こえてきました。この前のヒヨドリだという判断は、正しいのでしょうか。5時22分、ヒバリが空高く囀り始めました。

    この部分の周囲堤は、草が生え始めていたので、草が刈られて2週間くらい経っているようです。第3水門近くのように草が刈られた直後ではありません。

     

    車に戻り、ワンちゃんを乗せ、5時25分、帰路に就きました。  高際澄雄


    コメント
    赤麻八景の場所探索紹介有難うございます。ビジュウ 本自由と鳴くのは、ヒヨリミ鳥ではないと思いますハイ自由。今、松山市に来ています。松山出身の川俣事件被告、唯一人物像がわからない松本盛三郎を坊っちゃんと一緒に調べていますだなもし。雨にけぶっているんだなもし。
    • 赤上
    • 2018/05/23 11:13 AM
    コメント気づきませんでした。自由鳥の本体見たいものです。松山出身の川俣事件被告がいましたか。それはぜひしりだいぞなもし。迷鳥
    • 高際澄雄
    • 2018/05/29 3:42 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM