一本榎道を歩き、開花したヒメジョオンを見つける(5月16日)

0

    皆様 今朝は仕事で出発が遅れ、ワンちゃんを乗せて出発したのが5時6分でした。玄関に出ると最初にヒバリの囀りが聞こえ、スズメも鳴いていました。気温は17度でした。

     


    朝日はとっくに輝いていましたが、雲がどんよりと出ていました。北エントランスから周囲堤に上ると、一本榎道の西と東に雲海状の霧が出ていました。写真をご覧ください。

     

    一本榎道の入り口に5時14分に着きました。気温は16度でした。霧はかなり深く、横堤方面に写真を撮りました。ワンちゃんと北に歩きました。オオヨシキリ、オオセッカ、ウグイスが囀り、ハシブトガラスが鳴いていました。


    道端を見ると、オオバコが元気よく花を咲かせていました。以前は我が家の周辺にもたくさんあったのですが、除草剤のために姿を消しました。ですから周囲堤や繁桂寺周辺にオオバコを見つけるとうれしくなります。遊水地の道端もオオバコの宝庫です。そのわきにはアゼナルコスゲが花をつけていましたが、撮影には失敗しました。

     

    5時20分、カッコウとセッカが鳴き出しました。一本榎に近づくと、シジュウカラが2羽、南のクワの木に止まりました。そのうちの1羽を写真に撮りました。


    その北まで歩き、霧が晴れ始めた長谷川家屋敷林の写真を撮りました。そして道を戻りました。すると、道路に虫がいます。よく見るとオサムシです。こうした甲虫類が遊水地には多く、集めている人も多いとのことです。


    その近くに、ついに花を開いたハルジョオンを見つけました。一本榎の道の反対側です。この花はピンクがかっています。その南にやや白い花が2つ咲いていました。遊水地でもっとも早いヒメジョオンの開花です。これから次々に咲いて行くことでしょう。

     

    一本榎道の両側にはイネ科植物が茂っています。しらべるとホソムギを分かりました。写真をご覧ください。

    群馬ナンバーの男の人が写真を撮っていました。ひょっとするとササゴイかと思いますが、尋ねると、オオセッカを撮っているとのこと。1200ミリはあるレンズで大きく撮れることでしょう。オオセッカは飛び上がり行動をしきりに繰り返しています。

     

    車に戻り、ワンちゃんを車に乗せ、5時46分帰路に就きました。今朝もコヨシキリは見られませんでした。

     


    藤岡バイパスに出て、原の畑に満開の卯の花の茂みがありました。まだ多くのウツギは花を開き始めたばかりですが、この茂みだけは例外的に満開でした。写真をご覧ください。高際澄雄


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM