一本榎道を歩きキツネの死体を見つける 昨夕チュウヒを見る(4月16日)

0

    皆様 今朝はワンちゃんを車に乗せ、4時32分に出発しました。オオセッカの鳴き出しを調べたかったのですが、すでに西でハシブトガラスが鳴いていたので、これでも遅いことが分かりました。気温は9度でした。

     

    一本榎道入り口に4時40分に着きました。もう明るくなっていて、ヒバリ、ウグイス、オオセッカが囀っていました。今朝の目論見は崩れました。東の明るさを写真に添付しましたので、添付します。

     

     ワンちゃんを車から降ろすと、ダッシュいて入り口に行きました。どうしたのだろうと言って見ると、なんとキツネが死んで横たわっていました。わがジャレッドにそっくりですが、尾がふさふさしています。まだ死んで時間がたっていないようで、カラスなどにつつかれた様子がありません。毛皮が露に濡れていました。どうも3月30日に見たキツネのようです。どうして死んでしまったのでしょうか。飢餓?病気?いずれにしても悲しい限りです。通りかかった車2台に見せましたが、あまり興味を持たれていないようでした。栃木県立博物館に連絡することにしました。

     


    ワンちゃんを連れて一本榎道の真ん中まで行きました。すると朝明けが始まりました。この時の写真を添付します。ここからキツネの横たわっている場所に戻り、明るくなってきた中で写真を撮りました。そこから朝焼けの様子も添付します。

     


    一度家に帰り、キツネを家に運ぶビニール袋を持ってきて、キツネを車に乗せました。体は固くなっていました。重さはジャレッドより軽いので、十分餌が見つからなかったのかもしれません。

     

    帰る途中、大きな鳥が飛び立ちました。チュウヒかと思いましたが、ノスリでした。写真を調べると、松の上には2羽いて、ケアシノスリでした。おそらくつがいでしょう。写真をご覧ください。

     


    昨夕は、囲繞堤の散歩をした後、第1調節池をぐるりとまわって、新赤麻橋の下からクワ並木を抜け、一本榎道から横堤入り口近くに行きました。すると考えていた通り、フジの花が咲き始めていました。しかもその上でウグイスが囀っていました。写真をご覧ください。

     

    さらにゴルフ場北コース入り口に行きました。日曜で5台の車が停まっていました。平日は2台です。そこで、カメラを持っている人に何を撮っているのか聞くと、「チュウヒだよ。雌が1羽いるんだ。」とのことでした。それで車に戻ろうとすると、遠くの人が「出た、出た」と叫びました。確かにヨシ原をチュウヒが低く飛んでいました。ヨシが邪魔になっていい写真が撮れません。しかし西に行ったとき、やっと1枚撮れました。写真を添付します。まだチュウヒがいることがこの日も証明できました。  高際澄雄


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 霧の一本榎の道で2羽のチュウヒ・ハイイロチュウヒを見る(3月10日)
      赤上剛 (03/10)
    • 新年の一本榎の道を歩き、18羽のチュウヒ・ハイイロチュウヒを見る(2020年1月1日)
      Sumio Takagiwa (01/05)
    • 新年の一本榎の道を歩き、18羽のチュウヒ・ハイイロチュウヒを見る(2020年1月1日)
      赤上剛 (01/01)
    • 第1ゲートからヨシ原浄化地を歩きマガモを見る 昨夕一本榎の道で39羽のチュウヒ・ハイイロチュウヒを見る(12月25日)
      赤上剛 (12/25)
    • 横堤を歩き、ヒルガオに集まる虫を見る 捨て猫の子猫ちゃん引き取られる(8月14日)
      Sumio Takagiwa (08/19)
    • 横堤を歩き、ヒルガオに集まる虫を見る 捨て猫の子猫ちゃん引き取られる(8月14日)
      赤上 (08/16)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      Sumio Takagiwa (07/30)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      りこ (07/24)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      りこ (07/22)
    • 北中央ゲートから屋敷跡を歩き、ヨシの焼け具合を調べ、小口一郎さんの油絵の写生場所を探る 昨夕一本榎道でチョウゲンボウのホバリングとチュウヒ・ハイイロチュウヒ6羽を見る(3月21日)
      高際澄雄 (03/22)

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM