第1調節池囲繞堤を歩き、霧を見る 昨日横堤でカモとチュウヒを見る(1月19日)

0

    皆様 今朝はワンちゃんを車に乗せ、614分に出発しました。玄関に出ると、遅かったせいで、木星、火星、アークトゥルス、スピカ、ベガしか見えませんでした。ハシブトガラスとハシボソガラスが鳴いており、気温は1度でした。

     

    朝焼けの筑波連山を第1調節池囲繞堤サイレン搭近くより望む1調節池囲繞堤サイレン搭近くに619分に着きました。気温はマイナス1度でした。東には雲がありましたが、筑波連山は見えたので、写真を撮りました。ご覧ください。

     

    囲繞堤を東に歩いて行くと、だんだん明るくなり、雲海状の霧が出ていることが分かりました。渡良瀬川の川霧は強く、わたらせの里あたりには強く出ていました。雲海状の霧を加波山方向に囲繞堤より望むそして200メートルくらい離れたヨシ原はうっすらと雲海状の霧に覆われており、遠くの第3調節池にはさらに濃い霧が出ていました。写真を添付します。

     

    628分、ゴルフ場の方でホオジロが囀り出しました。そして、上流越流堤記念碑から戻りある程度歩いた641分、ガビチョウが運動公園近くの茂みで「ヒビキーヨ、ヒビキーヨ」と鳴き出しました。「響きいいよ」という意味でしょうか。よく聞くと2羽で囀っていました。

     

    645分、車に戻り、ワンちゃんを乗せ、帰路に就きました。

     

    新川のコガモ雌新川を泳ぐヨシガモ新川を泳いでいたオカヨシガモ夕の散歩も報告します。午後4時に横堤に着きました。気温は高く、湿度も前日の雨で高いので春のようで、カモたちの行動もいつもとは違っていました。南の土取り跡にはコガモ、ハシビロガモ、オオバン、マガモがいました。北の土取り跡沼には南にハシビロガモが5羽、北の部分にコガモが25羽、ミコアイサ1羽、マガモのつがい1組、ハシビロガモ1羽、カワウが数羽いました。さらに驚いたのは、新川にコガモの雌が2羽、それからやや下流に10羽近くのカモがいたことです。普通はカルガモであることが多いのですが、写真を撮って家で調べると、ヨシガモ、オカヨシガモ、ハシビロガモが混じっていて、カルガモは少し離れて2羽しかいませんでした。

     

    新川北のヨシ原を飛ぶ国内型チュウヒ川から目を離すと、チュウヒが北のヨシ原を西に飛んで行たので、あわててカメラを向けました。その直後にもう1羽チュウヒが同じ方向に飛んだのですが、なぜかファインダーに入らず、撮影失敗しました。

     

    北の土取り跡沼で羽ばたくハシビロガモまた南に歩くと、東と南にチュウヒが飛びました。そして北の土取り跡沼の南の部分に行くと、ハシビロガモの動きが活発で、餌をさかんに撮っていました。羽ばたきをした写真が撮れましたので、添付します。   

     

    まだ北の土取り跡沼を見ていた時、北から南に向かっていた群馬ナンバーの車の方が、「何を見ているんですか」と話されました。「カモとチュウヒです」と答える、その方は多々良沼の西でハクチョウやカモを見ておられるとのこと。そして最近、タナゴ釣りにはまっていて、下見にこられたとのことでした。タナゴ釣りについて聞きたかったのですが、引き留めると悪いと思い別れました。「この近くにお住まいとはいいですね」「はい、景色だけでも素晴らしいです」と答えましたが、毎日そう思っています。  高際澄雄


    コメント
    ガビチョウ「ヒビキイーヨ」タカギワトリ「イビキイーヨ、ケシキモイーヨ」ジャレッドトリ「トリインフルエンザコワイーヨ、ガリガリウマイーヨ」(タベチャダメ)
    • 赤上
    • 2018/01/19 2:20 PM
    先生よくご存じですね。どうも鼾がひどくなってきました。ジャレッドの鳥インフルには気をつけます。迷鳥
    • 高際澄雄
    • 2018/01/19 3:14 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 海老瀬川上流部を歩き、アレチマツヨイグサとクズの開花、コガマの出穂を見る(7月11日)
      高際澄雄 (07/13)
    • 海老瀬川上流部を歩き、アレチマツヨイグサとクズの開花、コガマの出穂を見る(7月11日)
      赤上 (07/11)
    • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩き、歴史の逆説の出発点を探る(7月8日)
      高際澄雄 (07/09)
    • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩き、歴史の逆説の出発点を探る(7月8日)
      赤上 (07/08)
    • 111年前の強制破壊を想いながら、旧恵下野堤防近くを歩く(6月29日)
      高際澄雄 (07/05)
    • 霧の一本榎道を歩く(7月1日)
      高際澄雄 (07/01)
    • 霧の一本榎道を歩く(7月1日)
      道子 (07/01)
    • 111年前の強制破壊を想いながら、旧恵下野堤防近くを歩く(6月29日)
      赤上 (06/29)
    • 谷田川橋駐車場から西の水門まで歩き、谷中湖からの放流方法を詳しく調べる(6月28日)
      高際澄雄 (06/28)
    • 谷田川橋駐車場から西の水門まで歩き、谷中湖からの放流方法を詳しく調べる(6月28日)
      赤上 (06/28)

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM