北中央ゲートから北橋まで歩き、カモとチュウヒを見る、帰路オオハクチョウを見る(1月12日)

0

    皆様 今朝はワンちゃんを車に乗せ、65分に出発しました。玄関を出ると月が木星の左下に輝き、天頂にスピカとアークトゥルス、西に双子座、北に北極星、北斗七星、ベガ、そしてデネブを見えました。しかし少し遅い時間だったので、光は弱く感じました。気温はマイナス2度、鳥は鳴いていませんでした。

     

    北中央ゲートに614分に着きました。気温はマイナス1度でした。ワンちゃんを降ろすと、勝手知ったる道とばかりに先にゲートを抜け、西谷中橋に走って行ってしまいました。617分、東でハシブトガラスが鳴きました。

     

    西谷中橋から朝焼けの筑波山と間明田家屋敷林を望む今朝は筑波山から南に水平に雲が伸びていました。西谷中橋から筑波山を間明田家の写真を撮りました。雲の様子も分かると思います。ご覧ください。少し歩くと、20羽くらいの鳥が飛びました。カラスかと思うと、トビでした。トビはやがて子供広場のメタセコイアに止まりました。631分、西でハシボソガラスが、植生護岸でヒヨドリが鳴きました。

     

    北橋より谷中ブロックのカモの群れを望む谷中湖谷中ブロックからカモの声が聞こえてきました。今朝は北の部分にもたくさんいて、植生護岸に入ると、私たちの足音で、100羽くらいのカモが東に飛び立ちました。水位は2メートルくらい低くなっています。

     

    北橋からはそれほど多くのカモは見られませんでしたが、少し南に群れがいたので、写真を添付します。多くはマガモです。

     

    道を戻りました。ジャ、ジャ、ジャと鳴くヒヨドリより大きい鳥が植生護岸の中にいました。写真を撮ろうとしたら飛んで行ってしまいました。何の鳥でしょう。

     

    不明の木と朝日広場に戻ると、大きな鳥が止まっていました。写真を撮るとトビでした。やがて朝日が昇ってきました。この前報告したように、まだ枯れ葉を落としていない木があります。私の知る限りカシワは枯れ葉を落とさないのですが、それとも違います。朝日と一緒に写真を撮ったので添付します。

     

    群れで木に止まるトビメタセコイアを見るとまだトビがいます。それより近くの木には10数羽が止まっていました。全部を数えると30羽近くいました。写真を添付します。

     

    朝焼けの日光連山男体山から徐々に西に朝焼けが移っていきました。白根山付近の日光連山の朝焼けを写真に撮りました。ご覧ください。この写真を撮った後、遠くをノスリか、チュウヒが西に飛んで行きました。写真では小さすぎて添付できません。残念に思いました。

     

    池内水路にはカルガモが20羽近くいました。そしてワッチングタワーの北のアカメヤナギの花穂は今朝は全体に出ていました。

     

    横堤のヨシ原を飛ぶチュウヒ横堤ヨシ原を東に飛ぶ大陸型チュウヒ2北中央ゲートを抜け、北を見ると、ヨシ原をチュウヒが飛んでいました。男体山と一緒に写っているもの、少し拡大したものを添付します。内田さんからの知識を使うと、大陸型のチュウヒのようです。ご覧ください。

     

    北エントランス西の沼で翼を広げるオオハクチョウ気温はマイナス2度に下がっていました。ワンちゃんを乗せ、717分に発車しました。そして帰路、北エントランス西の沼に寄ると、2羽の

    オオハクチョウがいました。一羽が翼を広げた写真を添付します。今朝はチュウヒとオオハクチョウが見られ、満足して帰路につきました。

     

         高際澄雄


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 大塚明さんを偲び、江川処分場周辺を歩く(7月12日)
      牧野美幸 (11/05)
    • 新川沿いを歩き、オギの出穂とワタラセツリフネソウの開花を見る(9月18日)
      高際澄雄 (09/21)
    • 新川沿いを歩き、オギの出穂とワタラセツリフネソウの開花を見る(9月18日)
      ランニングレポート(クロちゃん) (09/18)
    • 海老瀬川上流部を歩き、アレチマツヨイグサとクズの開花、コガマの出穂を見る(7月11日)
      高際澄雄 (07/13)
    • 海老瀬川上流部を歩き、アレチマツヨイグサとクズの開花、コガマの出穂を見る(7月11日)
      赤上 (07/11)
    • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩き、歴史の逆説の出発点を探る(7月8日)
      高際澄雄 (07/09)
    • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩き、歴史の逆説の出発点を探る(7月8日)
      赤上 (07/08)
    • 111年前の強制破壊を想いながら、旧恵下野堤防近くを歩く(6月29日)
      高際澄雄 (07/05)
    • 霧の一本榎道を歩く(7月1日)
      高際澄雄 (07/01)
    • 霧の一本榎道を歩く(7月1日)
      道子 (07/01)

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM