ラバー堰から下流越流堤まd歩きカモとノスリを見、帰路オオハクチョウを見る(1月9日)

0

    皆様 今朝はワンちゃん車に乗せ、555分に出発しました。昨夜雨が降り、夜中に止みましたが、空は雲に覆われ、星は見えませんでした。(昨日まで明けの明星だと思い込んでいた星は木星でした。昨日木星が火星と接近して見えるという新聞記事を見て気づきました。金星にしては仰角30度くらいに見えるので高すぎるなとは思っていました。謹んで訂正します。)気温は5度、鳥は鳴いていませんでした。

     

    今朝はラバー堰を見てみたいと思いました。昨日電光掲示板で「谷中湖から渡良瀬川に放流中」(昨日の報告では排水中と書きましたが、排水機を使う必要はなく、ゲートを開ければ水位の高い谷中湖から水は流れ出します。これも訂正です。)周囲堤を越えて横断道路に入ると、ヘッドライトに照らされた霧が見えました。雨上がり後の霧が、濃くはありませんが、確かに出ていました。

     

    ラバー堰近くに611分に着きました。ワンちゃんを降ろして散歩を始めました。気温は6度でした。車のドアを開けた途端、ゴウゴウという水音が聞こえてきました。かなりの勢いで水が出ていることが分かりました。そしてラバー関は膨らまされて、池内水路の水が逆流しないように流れが遮断されていました。

     

    西のゲートから吹き上がる谷中湖放流水ゲートは西の水門が開けられていました。明るくなった戻りの道で撮った写真を添付します。護岸に出ると第1水門の3つのゲートが、当然ながら開けられているのが見えました。途中ニセアカシアの林の木が1本倒れていました。ニセアカシアの根は浅いので、倒れやすいのでしょう。

     

    下流越流堤記念碑より三国橋方向を望む周囲堤の護岸を上っている625分、南でハシブトガラスが鳴きました。周囲堤に上がると、南は雲が切れてきて見えるのですが、北は暗く谷中湖もよく見えませんでした。記念碑から三国橋の写真を撮りましたので、添付します。この時、南でモズが、そして西の河畔林でヒヨドリがなきだしました。すこし後、ジョウビタキも鳴き出しました。

     

    1水門北から池内水路と谷田川の写真を撮りました。水位は少し違うようですが、渡良瀬川合流点を見ると、波は見えませんので、水位の違いがあるとしてもそれほどではないのでしょう。

     ラバー堰による池内水路の遮断第1水門より池内水路と谷田川を望む

    護岸を下りて行くと、633分西でハシボソガラスが、ヨシ原でホオジロが鳴き出しました。ラバー堰の様子を写真に撮りましたので、添付します。手前の水位が高く、奥が低くくなっています。

     

    池内水路ラバー堰上流を泳ぐコガモ池内水路上を南に飛ぶノスリワンちゃんがなかなか車に乗らず、遊びたがっていましたが、なんとか乗せました。そして手前の河岸を覗くと、3羽のコガモが飛び立ちました。対岸にはまったくいません。今朝はカモが少なく、すこし上流にコガモが11羽、カルガモが2群、11羽と12羽いただけでした。コガモの写真を添付します。その少し前にタカが飛んできたので、写真を撮りました。明らかにノスリでした。南に飛んで行きました。

     

    75分、発車しました。そして野木へ行く道を少し先で、77分、池内水路をチョウゲンボウが飛びました。

     

    北エントランス西の沼に久しぶりに現れたオオハクチョウ2羽北エントランス西の沼で逆立ちして餌を獲るオオハクチョウ帰り道、北エントランス西の沼に立ち寄りました。すると驚いたことにオオハクチョウが2羽、コガモが2羽泳いでいました。オオハクチョウは2羽とも熱心に餌を取っていて、時々逆立ちをしました。首を上げている写真と、1羽が逆立ちしている写真を添付します。今朝はオオハクチョウが見られて、特別な朝となりました。  高際澄雄


    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2018/01/09 10:06 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2018/01/10 4:00 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2018/01/10 4:00 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 新川沿いを歩き、オギの出穂とワタラセツリフネソウの開花を見る(9月18日)
      ランニングレポート(クロちゃん) (09/18)
    • 海老瀬川上流部を歩き、アレチマツヨイグサとクズの開花、コガマの出穂を見る(7月11日)
      高際澄雄 (07/13)
    • 海老瀬川上流部を歩き、アレチマツヨイグサとクズの開花、コガマの出穂を見る(7月11日)
      赤上 (07/11)
    • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩き、歴史の逆説の出発点を探る(7月8日)
      高際澄雄 (07/09)
    • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩き、歴史の逆説の出発点を探る(7月8日)
      赤上 (07/08)
    • 111年前の強制破壊を想いながら、旧恵下野堤防近くを歩く(6月29日)
      高際澄雄 (07/05)
    • 霧の一本榎道を歩く(7月1日)
      高際澄雄 (07/01)
    • 霧の一本榎道を歩く(7月1日)
      道子 (07/01)
    • 111年前の強制破壊を想いながら、旧恵下野堤防近くを歩く(6月29日)
      赤上 (06/29)
    • 谷田川橋駐車場から西の水門まで歩き、谷中湖からの放流方法を詳しく調べる(6月28日)
      高際澄雄 (06/28)

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM