東谷中橋から延命院共同墓地まで歩き、カモとノスリを見る 元日の夕方、初ガモ、初ノスリ、初チュウヒを見る(1月2日)

0

    皆様 今朝はワンちゃんを車に乗せ、62分に出発しました。西に満月に近い月が出ていて、そのためかカペラは見えませんでした。見えていたのは、明けの明星、プロキオン、北斗七星、北極星、ベガです。鳥は鳴いておらず、気温は6度でした。

     

    竹沢家近くに沈もうとする月北エントランスゲートから周囲堤に上ると、東には朝焼けが出ており、雲は全くないことがわかりました。東谷中橋の東に615分に着きました。気温は6度でした。西を見ると、竹沢家近くに満月に近い月が沈もうとしていました。写真を添付します。

     

    東谷中橋を渡ると、南ブロックの水が西風でパシャパシャと波を立てていました。谷中ブロックからはヒドリガモとマガモの鳴き声が聞こえてきました。やがて筑波山の全体が見えてきました。囲繞堤で東谷中橋近くでは先端しか見えません。朝焼けがきれいです。628分、南でハシボソガラスが鳴きました。

     

    北側の草の刈られた周辺道より竹沢家を望む竹沢家屋敷跡上を飛ぶノスリ谷中湖谷中ブロックにはカモの50羽くらいの群れが見えました。北を見ると周囲道路の北側の草がきれいに刈られています。これもヨシ焼きの準備なのでしょう。すると竹沢家の上にタカが飛んでいます。時々白い腹が見えましたので、ノスリに違いありません。写真を添付します。

     

    延命院共同墓地ワンちゃんは延命院墓地の道を覚えているらしく、私より早く走り込んでいきました。庚申搭付近には枯草があり、ヨシ焼きの時、石碑に火がかかるかもしれません。いつか刈らねばなりません。写真を添付します。

     

    延命院跡より朝日を望む延命院は山号を雷電山と言ったことが、宝光寺の宝篋塔から分かります。雷電神社と一緒に谷中村の人々の信仰の対象となっていたのでしょう。角塔婆に平和を祈り、鐘たたき、連絡帳に記入しました。それから雷電神社を拝み、写真を撮ろうとしましたが、竹が邪魔でいい写真が撮れません。延命院跡に戻ると、朝日が昇ってきました。写真を添付します。

     

    周囲道路に戻ると、北の竹やぶからジョウビタキとヒヨドリの声が聞こえてきました。かなり歩いて、東谷中橋近くに来ると、朝日でカモの姿がよく分かるようになりました。写真で確認する限り、マガモです。ヒドリガモの鳴き声は聞こえるのですが、姿が見えません。南ブロックには遠くに30羽くらいの群れが浮かんでいました。

     

    車に戻り、ワンちゃんを乗せて725分に出発しました。クワ並木を抜けた731分、北の草地からチュウヒがトビ、ヨシ原浄化地を東に飛んで行きました。写真が撮れなかったのが残念でした。

     

    元日だった昨夕、横堤の土取り跡沼から新川まで430分から5時まで歩きました。夕焼けに浮かぶ筑波山、それに満月に近い月が見事でした。つくばナンバーの車の方が下りられたので、満月か尋ねると「満月は明日らしいですよ」とのこと。別れて北の土取り跡沼の北端に行くと、60羽くらいのカモがいたので、写真を撮り、元日にゴルフ場東を飛ぶチュウヒ家で調ると、マガモ、カルガモ、ミコアイサの雄と雌、それにオカヨシガモでした。南にタカが飛んでいたので、写真を撮ると、ノスリでした。そして西を見ると、明らかにV字飛行をしているチュウヒがいました。写真に撮りましたので、添付します。元日の夕方にふさわしく、いろいろな種類の鳥に会え、美しい夕景を見た元日の夕方散歩でした。

                               高際澄雄


    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2018/01/02 12:47 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2018/01/03 12:41 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 海老瀬川上流部を歩き、アレチマツヨイグサとクズの開花、コガマの出穂を見る(7月11日)
      高際澄雄 (07/13)
    • 海老瀬川上流部を歩き、アレチマツヨイグサとクズの開花、コガマの出穂を見る(7月11日)
      赤上 (07/11)
    • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩き、歴史の逆説の出発点を探る(7月8日)
      高際澄雄 (07/09)
    • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩き、歴史の逆説の出発点を探る(7月8日)
      赤上 (07/08)
    • 111年前の強制破壊を想いながら、旧恵下野堤防近くを歩く(6月29日)
      高際澄雄 (07/05)
    • 霧の一本榎道を歩く(7月1日)
      高際澄雄 (07/01)
    • 霧の一本榎道を歩く(7月1日)
      道子 (07/01)
    • 111年前の強制破壊を想いながら、旧恵下野堤防近くを歩く(6月29日)
      赤上 (06/29)
    • 谷田川橋駐車場から西の水門まで歩き、谷中湖からの放流方法を詳しく調べる(6月28日)
      高際澄雄 (06/28)
    • 谷田川橋駐車場から西の水門まで歩き、谷中湖からの放流方法を詳しく調べる(6月28日)
      赤上 (06/28)

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM