周囲堤と囲繞堤の合流点から西前原排水機場まで歩き、霧の変化を見る(11月13日)

0

    皆様 今朝はワンちゃんを車に乗せ、545分に出発しました。玄関を出ると、朝焼けが始まっており、仰角75度に24日の細くなった月が輝いていました。ハシブトガラスは530分ころ鳴き出しましたが、玄関に出た時は鳴いていませんでした。気温は4度でした。

     

    第1調節池の雲海状の霧を囲繞堤サイレン搭近くから望む朝焼けの筑波山を囲繞堤サイレン搭近くから望む藤岡小学校の南から周囲堤に上ると、明の明星と霧が見えました。気温は3度に下がり、運動公園のゲートでは2度となりました。そして囲繞堤を上ると、1度となりました。車から降りてみると、第1調節池には雲海状の霧が出ていて、霧が囲繞堤を上っていました。ところが河川敷には霧はなく、渡良瀬川から向こうに霧がでているようでした。2枚の写真を添付します。鳥は、地鳴きのウグイス、ガビチョウ、ハシブトガラス、ハシボソガラスが鳴いていました。

     

    坂道を下り、河川敷のヨシ原に入ると、霧は全くなくなり、西赤麻橋に来るとまた霧が出てきました。渡良瀬川の上流側は湯気のようですが、下流は河畔林が見えないくらい濃い霧がでていました。ところが橋を渡り終えると、霧は消え、第3調節池の囲繞堤を上ると調節池内に濃い霧が見え、第3水門近くで2人の男の人が写真を撮っていました。さらに北に進み、湿地再生試験地近くに行くと、木村さんがおられました。「何を撮ってるんですか?」「霧ですよ。」「場所によってずいぶん違うんですね。」「南にはでてなかったでしょう。カモの飛び立つところも撮りたいんだがなあ。」と言っておられたので、幸運を祈り別れました。

     

    周囲堤と囲繞堤合流点から第3調節池の霧を望む周囲堤と囲繞堤の合流点に64分に着きました。気温は0度でした。ワンちゃんを降ろし、散歩を始めました。第3調節池側は濃い霧が出ていますが、周囲堤の北側の田んぼと西前原の集落には全く霧がありません。そして東の巴波川からは湯気のような川霧が立っていました。ここでは第3調節池側の霧の写真を添付します。道の端には霜が降りていました。

     

    西前原排水機場の水路を飛ぶシラサギ西前原排水機場の樋管先の水路に2羽のシラサギと1羽のゴイサギがいました。2羽が私の気配を感じて飛び立った時に写真を撮りました。添付します。

     

    ここから道を引き返すと、黒斑の犬を連れた人がやってきました。ジャレッドが激しく吠えたので、斜面に下りて衝突を避けました。すると男の人がフードを押しやり、「どこに駐車したの?」と尋ねました。えっ、とびっくりして見ると、なんと遺跡を守る会副会長の石井さんでした。「石井さん、犬を飼ってたの?」「4年前に捨てられていた犬を飼いだしたんです。」「我が家と同じですね。何て名前」「ケン」「かわいいですね。どちらへ行くんです?」「こっちです。」西前原の朝日と西の方向を指したので、ここで別れました。まさか石井さんに会うとは思いませんでした。そのすぐあとに柴犬を連れた男の人が上ってきたので、あわてて東に歩きました。すると朝日が昇ってきました。写真をご覧ください。この時点で、写真の色とは違って真っ赤に見えましたがやがてオレンジから黄色に変わっていきました。

     

    霧はいつのまにか消えてきました。車に戻ると、北の山がはっきりと見えました。太平連山のほぼ真ん中に男体山が見え、太平連山の西に雪を被った白根山、それから足尾連山、そして三毳山の二つの峰の間に赤城山が見えました。場所が変わると、山々の見え方がこんなに変わるんですね。筑波連山と益子の山々も少し形が違います。

     

    629分、ワンちゃんを車に乗せ、帰路に就きました。湿地再生試験地を通った時、霧が消えていたので車を停めて見てみましたが、カモはいませんでした。第3調節池の霧はほとんど消えていました。  高際澄雄


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 下生井の旧思川跡を見て歩く(10月1日)
      高際澄雄 (10/01)
    • 下生井の旧思川跡を見て歩く(10月1日)
      赤上 (10/01)
    • 史跡ゾーンを歩き、ヌマスギを調べる(9月29日)
      高際澄雄 (09/30)
    • 史跡ゾーンを歩き、ヌマスギを調べる(9月29日)
      赤上 (09/29)
    • 第1ゲートからヨシ原浄化地を歩き、ジャレッド怪我をする(9月15日)
      赤上 (09/16)
    • ゴルフ場サイレン搭から横堤に向かって歩き、オオヨシキリとコヨシキリの囀りを聞く(9月12日)
      赤上 (09/13)
    • 一本榎から横堤屋敷入口まで歩き、オギの出穂を見る(9月11日)
      赤上 (09/11)

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM