ゴルフ場サイレン搭から横堤に向かって歩き、オオヨシキリとコヨシキリの囀りを聞く(9月12日)

0

    皆様 まず、一昨日コノハズクの鳴き声について報告しましたが、河地様から重要なメールをいただきました。そのままお伝えします。「高際先生の『コノハズクが今の時期に、遊水地にいること自体が不思議です』と いうことですが、毎年9月〜12月上旬に第一調整池内で鳥類標識調査が行われています。その際、コノハズク、ヨタカなど夜行性鳥類の音声誘引を行っています。10日も深夜から早朝にかけて調査があったので、高際先生がお聞きになったのは音声誘引の音声かもしれません。

     

    因みに、第一調整池内で行っている鳥類標識調査によると、今からの時期はコノハズク、ヨタカが渡良瀬遊水地を通過していきます。コノハズクやヨタカが遊水地にいること自体は、ちっとも不思議なことではありません。ただ、夜行性のうえ、非繁殖期に入っているのであまり鳴かず人目につかないだけです。」

     

    ということで、音声誘引、つまり放送をコノハズクの鳴き声と思ってしまったわけです。数年前、10月にウグイスの音声誘引を間違って、野鳥の会の会員から指摘されたことがありましたが、2回目の失敗でした。ま、素人がコノハズクだと分かっただけでも、良しとしなければならないのかもしれません。

     

    さて、今朝はワンちゃんを車に乗せ、5時に出発しました。昨夜から雨が降ったり止んだりしていて、玄関に出た時には雨は降っておらず、西からハシブトガラスが鳴きながら我が家近くに飛んできました。気温は我が家の温度計で23度でした。

     

    田淵工業から東の田んぼを抜け、周囲堤に上がって、ゴルフ場のサイレン搭に55分に着きました。空には雲の斑がありましたが、朝焼けの様子はまったくありません。ゴルフ場ではハシブトガラスが鳴いていました。

     

    ワンちゃんを車から降ろし、散歩を始めました。昨夕の散歩でここを歩いたのですが、木村さんにお会いし、木村さんから共同墓地のヒガンバナの写真を見せてもらいました。その時、「これがカラムシです」、とお見せし、「これがまだ分からない草なんです。これから調べます」と申し上げました。その結果、カラムシと思い込んでいた草は、ヤブマオ、カラムシに似て、花が違う草はアカソだと分かったので、あらためて写真を撮ろうとここに来たわけです。

     ゴルフ場サイレン搭近くのキリ絡まって出穂するオギ

    サイレン搭から南に歩くと、2本のキリの若木が見えます。遊水池内でキリが生えているのはここくらいでしょう。写真を添付します。最初のキリを過ぎると、オギが3本穂を出しています。そのうちの1本は昨日折り取り、まじまじと観察しました。出穂したてのオギの穂はススキに似ていますが、色はやや白いように思います。後になって気づいたのですが、オギの穂は出るとき、イネやヨシのようにすんなり出るのではなく、なんとなく絡まった状態で出てきます。オギの出穂の特徴のようです。あとで撮った写真ですが、添付します。

     

    カナムグラの花アカソの花とヒルガオの花キクイモの花を見ながら歩いていると、514分、ゴルフ場でツクツクホウシが鳴き出しました。暗いと思っていましたが、だんだん明るくなっているんですね。反対側ではカナムグラの花が咲いていたので、写真を撮りました。その近くにアカソと思われる草がありました。写真がうまく撮れないので、あとでヒルガオと一緒に撮った写真を添付しますが、インターネットで見ると、花はもっとまっすぐです。しかし、ここの花のように垂れている写真はあるのですが、多くはありません。では、アカソ以外にあるのか?やはりアカソでしょう。もし他の種であるとご存知の方がいらっしゃったら、お教えください。

     

    515分、西のヨシ原でなんとオオヨシキリの囀りが聞こえました。まだ渡りに出発していないんですね。

     

    道脇のヤブマオの花道は左に大きく曲がっています。右の草の中に、ヤブマオがありました。これはインターネットの写真通りです。撮った写真を添付します。

     

    525分、北のヨシ原でホイッ、ホイッ、ホイッという鳥の声が聞こえました。何の鳥でしょうか。

     

    ゴルフ場の入り口を越え、沼があるはずのところ(ヨシで見えない)で533分、戻りました。南のヨシ原がザワザワとして200羽くらいのムクドリが西に飛んでいきました。さらに540分、50羽くらいのスズメが西に飛んでいき、西のヨシ原でスズメが鳴いていました。ここもスズメのお宿になっているのでしょう。

     

    550分、東のヨシ原でコヨシキリが囀りました。これまた驚きです。コヨシキリもまだここにいます!

     

    周囲堤西の斜面のヒガンバナの花サイレン搭近くの車に戻り、ワンちゃんを乗せ、556分に出発しました。昨日、木村さんから共同墓地のヒガンバナの写真を見た後、周囲堤の上ると、西の斜面にヒガンバナが咲いていました。西の斜面は除草が行われたので、ヒガンバナは比較的早く伸びて開花するのでしょう。写真を添付します。車で移動していると、雨が降り出しました。

     

    今朝もウグイスとホオジロの囀りは聞きませんでした。  高際澄雄


    コメント
    野の草花にこころが洗われます。遊水池のキリは「これっキリ!」です。ホイッ ホイッ ホイッというのは赤麻のかごやだホイッサッサ・・・。彼岸花見事❗おじゃまむしはサッサと退場ホイサッサ(笑)
    • 赤上
    • 2017/09/13 1:30 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 第1ゲートからヨシ原浄化地を歩き、ジャレッド怪我をする(9月15日)
      赤上 (09/16)
    • ゴルフ場サイレン搭から横堤に向かって歩き、オオヨシキリとコヨシキリの囀りを聞く(9月12日)
      赤上 (09/13)
    • 一本榎から横堤屋敷入口まで歩き、オギの出穂を見る(9月11日)
      赤上 (09/11)
    • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩く(9月1日)
      迷鳥 (09/03)
    • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩く(9月1日)
      迷鳥 (09/03)
    • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩く(9月1日)
      赤上 (09/01)
    • 田中正造翁像から増水した渡良瀬川を見て歩く(8月20日)
      赤上 (08/20)
    • 台風通過直後の周囲地を歩く(8月8日)
      迷鳥 (08/08)
    • 台風通過直後の周囲地を歩く(8月8日)
      赤上 (08/08)

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM