台風通過直後の周囲地を歩く(8月8日)

0

    皆様 今朝はワンちゃん散歩に455分に出かけました。迷走台風5号のために昨夜から雨が降り出し、3時ころから激しく降ったと思うと止んだりを繰り返し、4時に最後の雨が降りました。外に出た時、1羽のスズメと1羽のハシブトガラスが鳴きながら目の前を通り過ぎました。西のお隣の木でアブラゼミが鳴いていました。そして門扉を出ると、東でウグイスが囀っていました。気温は28度でした。

     

    北東の雲の切れ間を219街灯近くから望む少し歩くと、スズメが10羽くらいの群れになって西に飛んでいきました。5時、腰塚医院の北隣の鯉沼材木店の屋根でスズメが元気に鳴き、その西の方でツクツクホウシが鳴いていました。そして腰塚医院を過ぎると、繁桂寺の木と越沼さんの大カシからミンミンゼミの鳴き声が聞こえてきました。北東には雲の切れ間がありました。写真を添付します。219街灯に55分に着きました。ここまで来ると、繁桂寺の木で、アブラゼミとニイニイゼミが鳴いていることも分かりました。

     

    台風の雨に持ちこたえたカラスウリの花繁桂寺の墓地南に来ると、カラスウリの花が目を引きました。激しい雨に負けず、白い花が形を保っていました。写真をご覧ください。

     

    繁桂寺の山門前を通った515分、アブラゼミ、ニイニイゼミ、ミンミンゼミに交じってツクツクホウシも鳴いていました。

     

    セブンイレブンの信号機を渡った515分、電線で一羽のムクドリが鳴きました。遊水池会館西のドウダンツツジの垣根にはマルバルコウが伸びていましたが、まだ赤い小さな花は咲いていません。

     

    待っていてくれたテディーちゃんとんかついもやの屋根ではスズメが元気に鳴いていました。そして南を見ると、テディーちゃんが私たちを待っています。テディーちゃんは、黒柴の雄の老犬です。今まで写真を載せたことがないので、添付します。さかんに尻尾をふってうれしそうでした。

     

    シナノキの実か?ここからクラブハウス西の沼に向かいました。西端に実のなる木がありました。葉は見たことがあるのですが、何の木かどうしても思い出せません。家に帰って調べると、葉はカツラ、シナノキ、ボダイジュに似ているのですが、実はどれもと一致しません。何の実でしょうか。

     

    クラブハウス西の沼に残るハスの蕾南に回り込んで、2倍くらいに太くなったヒメガマの穂を見、オニビシだと分かった菱を見(おいしいヒシはどこに残っているのか?)、ハスの花を見ると、花びらが落ちかけているのがたった1つ、残りは蕾でそれも5つくらいしか見えません。もうこの沼のハスの花は台風とは関係なく終わったようです。蕾の一つを添付します。

     

    横堤長谷川家の屋敷跡を周囲堤より望む530分、周囲堤の下に来ました。50羽くらいのムクドリの群れが西に飛んでいきました。532分周囲堤の上に着きました。ゴルフ場では、ホオジロ、キジバト、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラスが鳴いていました。少し南に行って横堤屋敷跡を見ると、黒い雲のこちら側に霞んでき見えました。写真をご覧ください。

     

    537分、突然太陽が雲の切れ目から現れ、また雲に隠れました。そしてゴルフ場の北に来ると、ウグイスの囀りが聞こえてきました。我が家の門扉を出た時聞こえたのはこのウグイスだったようです。ウグイスが鳴いていたのは運動公園でした。

     

    現れた青空を新町樋管から望む新町樋管に545分に着きました。三毳山はかすかに見えますが、それ以外の山はまったく見えません。ヌマスギも霞んで見えます。しかし上空には青空が現れていました。写真を添付します。

     

    周囲堤の東斜面は草刈りが行われ、前に点々とみられたアレチマツヨイグサの花はすべて消えてしまいました。西斜面はまだ草が刈られていないので、アレチマツヨイグサの花を見ることができます。周囲堤から550分に下り、557分家に着きました。散歩中、雨は降りませんでしたが、南と北には黒い雲があり、完全に台風通過とはいえないようです。

     

    今朝もカッコウとホトトギスの鳴き声を聞くことはできませんでした。高際澄雄


    コメント
    テディーちゃんに会えた!てっきり雌かと思っていたワン。老犬の尻尾千切れませんように。その実は、何の実かわからないミ、ミもフタモない実でしょう(笑)一度、ヒシの実をヒシと食べてみたいです。仮小屋のひとたちは、予報もない時代、台風襲来に大変だったでしょうね。以前からヒグラシが鳴いていると。立秋だから、猛暑でも季節の変わり目なんですね。ホッとする散歩記に感謝!
    • 赤上
    • 2017/08/08 10:03 AM
    菱は私も食べましたが、谷中村の人々には大切な収入源だったと思います。どこにかヒシと残っているはず。
    • 迷鳥
    • 2017/08/08 11:28 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 第1ゲートからヨシ原浄化地を歩き、ジャレッド怪我をする(9月15日)
      赤上 (09/16)
    • ゴルフ場サイレン搭から横堤に向かって歩き、オオヨシキリとコヨシキリの囀りを聞く(9月12日)
      赤上 (09/13)
    • 一本榎から横堤屋敷入口まで歩き、オギの出穂を見る(9月11日)
      赤上 (09/11)
    • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩く(9月1日)
      迷鳥 (09/03)
    • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩く(9月1日)
      迷鳥 (09/03)
    • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩く(9月1日)
      赤上 (09/01)
    • 田中正造翁像から増水した渡良瀬川を見て歩く(8月20日)
      赤上 (08/20)
    • 台風通過直後の周囲地を歩く(8月8日)
      迷鳥 (08/08)
    • 台風通過直後の周囲地を歩く(8月8日)
      赤上 (08/08)

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM