新川東を歩き、ワタラセツリフネソウの花を見る ジャレッド草を食べる(9月20日)

0

     

    皆様 今朝は愛犬ジャレッドを車に乗せ、545分に出発しました。曇っていて気温は20度でした。

     

    北エントランスに上ると、筑波山が朝日に浮かび上がっていました。太陽は雲にかくれてしまっていました。


     

    新川東の道入り口に551分に着きました。気温は19度でした。ジャレッドを下ろして散歩を始めました。

     

    入り口にはクズの花が咲き(数は少ないですが)、セイタカアワダチソウが蕾をつけていました。もうすぐ花が咲くでしょう。

     

     

    昨年は拡幅部南に下りる道があったのですが、洪水以降誰も下りなくなって、草で隠れてしまいました。実はその下にはワタラセツリフネソウがあったのです。

     
     

    少し北に行くと、下りる道がありました。岸に下りると、左手にワタラセツリフネソウが咲いていました。しかし数は多くなく、南端にはありそうにありません。

     

     

    道を上がって、道を戻ると、ジャレッドが草を食べ始めました。ジャレッドはかなり草を食べるので、私は草食犬と呼んでいます。何のために食べるのか分かりませんが、最後に必ずゲーッとなるので、吐くために食べているのかもしれません。ペットショップに行くと、猫用の草が売っています。犬もおなじような習性があるのかもしれません。

     
     

    車に戻り、ジャレッドを乗せ、620分に帰路に就きました。途中ススキ群落が穂を出していましたので、写真を撮りました。    高際澄雄


     


    コメント
    クロちゃんも散歩の時草を食べますが、草を食べて猫と同じように飲み込んだ体毛を吐く出しています。詳しい事は分かりませんが、毛が胃に入ると良くないみたいです。
    • クロちゃん
    • 2020/09/20 6:19 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM