一本榎の道を歩き、5羽のコヨシキリの囀りを聞くが、オオセッカ囀らず(9月16日)

0

     

    皆様 今朝は愛犬ジャレッドを車に乗せ、515分に出発しました。曇っていて気温は22度でした。

     

    一本榎第2クワの木に522分に着きました。気温は21度でした。ジャレッドを下ろして散歩をしました。

     

    東は雲が輝いていて、日の出が近いことが分かりました。


     

    2クワの木に絡みついているつる草を以前ゴキヅルだと書きましたが、実がなってスズメウリだと分かりました。

     
     

    今朝はキジも鳴かず、オオセッカの囀りも聞こえません。そのせいか、ジャレッドは大人しく私についてきました。

     

     

    驚いたのはコヨシキリが囀りだしたことです。北に歩くに従って、別の個体が囀り、東の草地では全部で4羽、そして西の草地で1羽囀りました。こんなにコヨシキリがいるのですね。


     

    やがて朝日が昇りました。

     
     

    ここから車に戻り、ジャレッドを車に乗せ、535分帰路に就きました。オオセッカは本当に囀りを止めたのでしょうか?しばらく観察してみます。   高際澄雄


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM