周囲を歩き、マルバルコウの花やタコノアシの実などを見る(9月11日)

0

     

    皆様 今朝は愛犬ジャレッドの散歩に535分に出発しました。晴れていて、少し歩くと、朝日が眩しく輝いていました。気温は計測しなかったので正確には分かりませんが、25度くらいだったと思います。

     

    篤農家の柿沼家の畑にすでにコスモスは無くなっていました。代わりに白いオイランソウの花の写真を撮りました。


     

    少し歩くと、ブッドレアが4メートルくらいに伸びていて、そのてっぺんに紫の花が咲いていました。

     
     

    南端にはピンクと白のフヨウの花がさいていましたが、花を開き切っていたのは白の花だけでした。


     

    繁桂寺を過ぎ、東に来ると、駐車場の入り口に青いアサガオの花が咲いていました。

     
     

    横断歩道を渡り、遊水池会館西のドウダンツツジを見ると、期待していたマルバルコウがまったくなくなっていました。昨年はあれほど繁茂していたのに、どのように取り去ったのでしょうか。幸い近くのとんかついもやさんの西にはマルバルコウの花が咲いていました。しかし、老犬の黒柴テディーちゃんの犬小屋からテディーちゃんがいなくなってしばらくが経ちます。ひょっとして亡くなったのかもしれません。いつかお店の人に聞いて見なくてはなりません。


     

    湿地植物園ではフジバカマの花が咲き乱れていましたが、今朝はタコノアシの実とオミナエシの花を写真に撮りました。

     

     

    周囲提を上り、筌場樋管に612分に着きました。その少し南からゴルフ場の芝のための放水とその向こうの横堤の屋敷林跡を撮りました。

     
     

    周囲提にはふたたび草が伸び始めています。とくにセイバンモロコシとアメリカセンダングサがはびこっています。アメリカセンダングサは黄色い花をつけていましたので、写真に撮りました。


     

    新町樋管に621分に着きました。ここから運動公園とはるか遠くのヌマスギ林を写真に撮り、周囲提を歩いてアローモーターズから藤岡小学校に向かい、帰路に就きました。久しぶりに大回りをして一層秋の気配を感じました。   高際澄雄


     


    コメント
    チヂィーちゃんはいつも近くを通ると吠えるので見えなくなっていたので、川島さん(いつも犬の散歩している)に尋ねたら亡くなったみたいと言っていました。
    • クロちゃん
    • 2020/09/12 6:58 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM