第5ゲートから東のヨシ原浄化地の燃え具合を見る   西風の強く吹く昨夕、横堤で4羽のチュウヒとマガモのつがいを見る 一本榎の道で14羽のチュウヒ・ハイイロチュウヒを見る ハイイロチュウヒ雄4回の飛翔を繰り返す(3月25日)

0

    皆様 今朝は愛犬ジャレッドを車に乗せて、531分に出発しました。晴れていて気温は1度でした。

     

    クワ並木東端の第5ゲート近くに540分に着きました。気温はマイナス2度でした。ジャレッドを下ろして散歩を始めました。鶯が囀っていました。

     

    東のヨシ原浄化地もよく燃えていました。その向こうに富士山が見えました。


     

    ヨシ原浄化地内の湿地にはアオサギが集まっていました。たくさんのカラスのほかに、小さな鳥もいて、チドリかと思ったのですが、ムクドリが多く、チドリもいたに違いないのですが、確認できませんでした。

     
     

    北に行くと、北端の水路に水がたくさんありました。


     

    クワ並木ではホオジロが囀っていました。

     
     

    5ゲートに戻ると、日光連山が良く見えました。

     
     

    車に戻り、ジャレッドを乗せ、63分、帰路に就きました。

     

    昨夕激しい西風が吹いていました。4時半頃横堤に行き、ジャレッドの散歩をしながら、横堤と新川北のヨシ原の焼け具合を調べました。横堤の東は完ぺきに焼けました。西は7割くらいです。意外だったのは、新川の北もかなり燃えていたことです。上流越流提記念碑から見る限り、まったく燃えていないように見えたのですが。

     

    新川拡幅部にはカルガモとカンムリカイツブリが泳いでいました。戻って来ると、横堤西の草地を2羽のチュウヒが飛んでいました。さらに横堤に近づくと、大陸型のチュウヒが近くを飛びました。

     
     

    土取り跡沼にはカルガモとオオバンのほかに、マガモのつがいが泳いでいました。今はマガモを見ることが難しくなったので、うれしい限りでした。

     

     

    練馬のTご夫妻が来ておられ、Tさんが写真を撮っていましたが、ジャレッドが失礼を働く可能性があったので、いつもの場所で会いましょうと別れました。

     

    一本榎の道に行くと、わずかの人しか着ていませんでした。激しい西風が吹いていました。昨日お会いした明和町の方がおられ、すでにハイイロチュウヒ雌の写真を撮ったと見せてくださいました。昨夕はその方が帰られてから4羽のハイイロチュウヒ雌と1羽のチュウヒが現れたことを報告しました。

     

    しばらくするとチュウヒやハイイロチュウヒが現れ始めました。そして6羽目にハイイロチュウヒの雄が出たと写真を撮りましたが、すぐにヨシの中に消えてしまいました。残念に思っていると、明和の方が、雄だと叫びましたが、私には見えませんでした。実は家に帰って写真を調べていると、その前に北を飛んでいるハイイロチュウヒ雄を捉えていました。それが東の草地を飛んだのでしょう。

     





     

    そしてヨシ原に下りたそのチュウヒが飛び立ち、しばらく東の草地を飛んでいました。写真を調べると、なんと別のハイイロチュウヒ雄が写っていました。さらに雌も。

     


     

    ハイイロチュウヒの雄はしばらく東の草地を飛んでから、南のヨシ原浄化地に行ってしまいました。

     

    ところが2分くらい経つと戻ってきて、さらに西の草地に飛んで行きました。西の草地にねぐら入りしたようです。

     

    さらに第13番目のハイイロチュウヒ雌が東の草地から西に飛び、第14のチュウヒが西の草地を飛びました。

     

     

    ここで明和の方はもう暗いからと帰られました。私は、練馬のTご夫妻が来られないので、心配になっていて、横堤に行きました。するとTご夫妻はまだおられました。どうしたのか尋ねると、こちらでチュウヒが見られるかと観察していたが、だめだったとのことでした。それで、一本榎の道にはハイイロチュウヒ雄が長く飛んだことを報告し、ご夫妻にジャレッドの頭を撫でてもらって、別れを告げました。     高際澄雄


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 霧の一本榎の道で2羽のチュウヒ・ハイイロチュウヒを見る(3月10日)
      赤上剛 (03/10)
    • 新年の一本榎の道を歩き、18羽のチュウヒ・ハイイロチュウヒを見る(2020年1月1日)
      Sumio Takagiwa (01/05)
    • 新年の一本榎の道を歩き、18羽のチュウヒ・ハイイロチュウヒを見る(2020年1月1日)
      赤上剛 (01/01)
    • 第1ゲートからヨシ原浄化地を歩きマガモを見る 昨夕一本榎の道で39羽のチュウヒ・ハイイロチュウヒを見る(12月25日)
      赤上剛 (12/25)
    • 横堤を歩き、ヒルガオに集まる虫を見る 捨て猫の子猫ちゃん引き取られる(8月14日)
      Sumio Takagiwa (08/19)
    • 横堤を歩き、ヒルガオに集まる虫を見る 捨て猫の子猫ちゃん引き取られる(8月14日)
      赤上 (08/16)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      Sumio Takagiwa (07/30)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      りこ (07/24)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      りこ (07/22)
    • 北中央ゲートから屋敷跡を歩き、ヨシの焼け具合を調べ、小口一郎さんの油絵の写生場所を探る 昨夕一本榎道でチョウゲンボウのホバリングとチュウヒ・ハイイロチュウヒ6羽を見る(3月21日)
      高際澄雄 (03/22)

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM