ラバー堰から下流越流提記念碑まで歩き、満開のニセアカシアとコガモ、そしてアライグマを見る(5月9日)

0

    皆様 今朝は愛犬ジャレッドを車に乗せ、5時12分に出発しました。曇っていてスズメが鳴いていて、気温は13度でした。

     

    篠山まで来ると雲の向こうに朝日があるのが分かりました。

     

    気温は高間の信号機で12度、北中央ゲートで11度、そしてラバー堰で10度でした。ラバー堰には5時28分に着きました。ジャレッドを下ろし散歩を始めました。

     

    ラバー堰はしぼんでいて、水鳥がまったくいません。歩いていくと、道にホウコグサが咲いていました。今年初めて見るホウコグサの花です。その近くのキツネハギはまだつぼみですが、もうすぐ黒紫の花を咲かせることでしょう。




     

    渡良瀬貯水池機場は修理をしていました。そして、水路を南から見ると、西ゲートが開いていて、ゴウゴウと水が流れ込んでいました。まだ盛んに取水しているようです。


     

    驚いたことに、護岸のノイバラの茂みは満開でした。そしてその東にあるニセアカシアの茂みも白い花を咲かせ、芳香を放っていました。この花は天ぷらにするとうまいと聞いたことがあります。それで、帰りに食べてみると、花の下の部分から甘い味がしました。ラムサール条約締結国会議でルーマニアに行ったとき、農家にニセアカシアが咲いていて、その花から採った蜂蜜がルーマニアのお土産になっていたことを思い出しました。



     

    その南にはピンクのノイバラがあったので、写真を撮りました。


     

    周囲提に上りましたが、あの「イインジャネ」のウグイスは鳴いていませんでした。寂しいですね。

     

    下流越流提記念碑に上り、水が増えた谷中湖南ブロックを撮影しました。


     

    戻り道、谷田川の工事が見えました。これも国土強靭化計画の工事なのでしょうか。


     

    護岸ではエノキに実が生っていました。全体にここは成長が早いですね。


     

    車に戻ろうとすると、キジが飛び立ちました。まったくジャレッドが追わなかったのにです。ジャレッドがキジを見つける嗅覚に今まで驚いていましたが、キジの方でも犬のにおいが分かるのですね。

     

    車に戻り、ジャレッドを乗せ、6時1分帰路に就きました。すると池内水路を9羽のコガモが泳いでいました。いつの間に現れたのでしょうか。コガモは離れていたので、3羽しか写っていませんが、添付します。


     

    そして、6時10分、池内水路の中洲近くに来ると、右から左にアライグマが道を横切りました。しっぽに縞模様があったので、タヌキではありません。ジャレッドは興奮してしばらく声を出していました。    高際澄雄


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 横堤を歩き、ヒルガオに集まる虫を見る 捨て猫の子猫ちゃん引き取られる(8月14日)
      Sumio Takagiwa (08/19)
    • 横堤を歩き、ヒルガオに集まる虫を見る 捨て猫の子猫ちゃん引き取られる(8月14日)
      赤上 (08/16)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      Sumio Takagiwa (07/30)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      りこ (07/24)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      りこ (07/22)
    • 北中央ゲートから屋敷跡を歩き、ヨシの焼け具合を調べ、小口一郎さんの油絵の写生場所を探る 昨夕一本榎道でチョウゲンボウのホバリングとチュウヒ・ハイイロチュウヒ6羽を見る(3月21日)
      高際澄雄 (03/22)
    • 北中央ゲートから屋敷跡を歩き、ヨシの焼け具合を調べ、小口一郎さんの油絵の写生場所を探る 昨夕一本榎道でチョウゲンボウのホバリングとチュウヒ・ハイイロチュウヒ6羽を見る(3月21日)
      赤上 (03/22)
    • 鷹見台から囲繞提を北に歩き、ウグイスの初音とヒバリの囀りを聞く 昨夕西前原第3囲繞提駐車場から石川橋まで車で走り、ハイイロチュウヒの狩り、争い、そしてノスリのホバリングを見る(2月24日)
      高際澄雄 (02/25)
    • 鷹見台から囲繞提を北に歩き、ウグイスの初音とヒバリの囀りを聞く 昨夕西前原第3囲繞提駐車場から石川橋まで車で走り、ハイイロチュウヒの狩り、争い、そしてノスリのホバリングを見る(2月24日)
      赤上 (02/24)
    • 第1水門西の駐車場から三国橋まで歩き、決壊口跡の碑を見る(2月23日)
      赤上 (02/23)

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM