北川辺旧渡良瀬川と本郷の堤防を歩き、昨日のフィールドワークでの情報を確認する(4月30日)

0

    皆様 今朝は愛犬ジャレッドを車に乗せ、6時1分に出発しました。昨夜から雨が降り出し、かなり強く降っていました。スズメとツバメが鳴いており、気温は15度でした。

     

    昨日、渡良瀬川研究会のフィールドワークが行われ、一番最後に北川辺本郷の堤防に上り、本郷の歴史について学びました。そこで新しい情報が得られましたので、今朝は確認するために、旧渡良瀬川をまず見てみることにしました。

     

    これまで北川辺の旧渡良瀬川は、底谷で締め切られた旧渡良瀬川で唯一昔の面影を残す区域として見てきましたが、果たしてそうなのか質問しました。すると、昔と変わっていないことだけでなく、新しいことも分かりました。まず、右岸の道路は輪中集落だった本郷の堤防だったということです。そしてその南側の街並みは昔からあったということです。さらに北側の伊賀袋はかつては渡良瀬川を県境にしていたので、茨城県だったが、やがて埼玉県に編入されたとのことです。きわめて重要な情報でした。



     

    ここから北川辺排水機場南の駐車場に行きました。ここでの気温は13度でした。ジャレッドを下ろし、散歩を始めました。

     

    堤防に上ると、本郷で一際大きな屋敷が見えます。これまでも歴史のあるお宅だろうとは思っていましたが、昨日のフィールドワークで、それは稲村家であり、利島村川辺村が遊水地問題に揺れた時、田中正造翁と連絡を取りながら、村民の先頭になって戦った稲村廣吉さんの家であったことが判明し、納得しました。





    さらに川辺村はかつては古河藩の川辺領であり、利根川の対岸の大利根町は向川辺領でした。さらに渡しが渡良瀬川と利根川にあり、渡良瀬川の船頭が田中正造翁を尊敬して、渡し銭を取らず、田中翁が亡くなってから、鷲神社に「田中霊神」の石碑を建てたとのことです。これらのことが今朝の散歩で確認できました。   高際澄雄


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 横堤を歩き、ヒルガオに集まる虫を見る 捨て猫の子猫ちゃん引き取られる(8月14日)
      Sumio Takagiwa (08/19)
    • 横堤を歩き、ヒルガオに集まる虫を見る 捨て猫の子猫ちゃん引き取られる(8月14日)
      赤上 (08/16)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      Sumio Takagiwa (07/30)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      りこ (07/24)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      りこ (07/22)
    • 北中央ゲートから屋敷跡を歩き、ヨシの焼け具合を調べ、小口一郎さんの油絵の写生場所を探る 昨夕一本榎道でチョウゲンボウのホバリングとチュウヒ・ハイイロチュウヒ6羽を見る(3月21日)
      高際澄雄 (03/22)
    • 北中央ゲートから屋敷跡を歩き、ヨシの焼け具合を調べ、小口一郎さんの油絵の写生場所を探る 昨夕一本榎道でチョウゲンボウのホバリングとチュウヒ・ハイイロチュウヒ6羽を見る(3月21日)
      赤上 (03/22)
    • 鷹見台から囲繞提を北に歩き、ウグイスの初音とヒバリの囀りを聞く 昨夕西前原第3囲繞提駐車場から石川橋まで車で走り、ハイイロチュウヒの狩り、争い、そしてノスリのホバリングを見る(2月24日)
      高際澄雄 (02/25)
    • 鷹見台から囲繞提を北に歩き、ウグイスの初音とヒバリの囀りを聞く 昨夕西前原第3囲繞提駐車場から石川橋まで車で走り、ハイイロチュウヒの狩り、争い、そしてノスリのホバリングを見る(2月24日)
      赤上 (02/24)
    • 第1水門西の駐車場から三国橋まで歩き、決壊口跡の碑を見る(2月23日)
      赤上 (02/23)

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM