北中央ゲートから屋敷跡を歩き、ヨシの焼け具合を調べ、小口一郎さんの油絵の写生場所を探る 昨夕一本榎道でチョウゲンボウのホバリングとチュウヒ・ハイイロチュウヒ6羽を見る(3月21日)

0

    皆様 今朝は愛犬ジャレッドを車に乗せ、539分に出発しました。曇っていて気温は9度でした。

     

    北中央ゲートに548分に着きました。気温は7度でした。ジャレッドを下ろし、散歩を始めました。

     

    北中央ゲートのすぐ南のコブシが花をつけていました。写真をご覧ください。並木のコブシはいずれも花を咲かせています。

     
     

    池内水路を渡り、少し歩くと、ヨシ焼きの燃え具合が良く分かりました。9割は燃えています。写真をご覧ください。

     

    大野鶴蔵さんの隣、大野日代蔵さんの屋敷跡はよく焼けていたので、上まで上り、北の写真を撮りました。ここは間明田粂次郎さんの屋敷跡まで9割以上が焼けています。そして少しヨシが残っているのは、水路跡です。水野要作さんの北の水路跡の写真を添付します。この水路は岩波正作さんの屋敷跡の西まで続いています。まだ水路跡が残っているというのはうれしい限りです。谷中村では水路は舟道と呼ばれ、舟による交通の方が道による交通より重要でした。この意味で、水路跡はなんとか残さねばなりません。

     

     

    雷電神社の方もよく燃えていました。今朝は北に歩きました。というのも、33日にたから園工芸で見た、小口一郎さんの油絵「渡良瀬遊水地」の写生場所が岩波初蔵さんの屋敷跡と土取り跡沼ではないかと思われたからです。その鍵は右上に見える山で、これは間違いなく三毳山です。そして三毳山がこのように見える場所は岩波初蔵さんの屋敷跡しかありません。しかしヨシが灰得ているときにはわからないので、今が絶好のチャンスです。そしてまさに岩波初蔵さんの屋敷跡とその北の屋敷跡がぴったり一致しました。写真と絵を見比べてください。

     

     

    竹沢家屋敷跡は西に沼があるためにヨシが燃えておらず、良く見えません。ここの沼にジャレッドは入り込んでなかなか出てきませんでした。そしてその北の阿弥陀堂跡も水路が西にあってヨシが燃えていませんでした。写真を添付します。

     
     

    間明田家屋敷跡を回り込んで、西から見ると、ヨシが良く焼けていました。写真をご覧ください。

     
     

    ここから池内水路岸を歩き、車に戻って、ジャレッドを乗せ、714分、帰路に就きました。

     

    昨夕は、一本榎道のチュウヒを観察するために4時少し過ぎに行きました。すると、ホバリングしている鳥がいました。川崎ナンバーのご夫妻(越谷在住だそうです)から何の鳥かと尋ねられ、ノスリでしょう、と答えましたが、あとでチョウゲンボウと分かりました。さらに私は、ここには5時を過ぎないとチュウヒは来ないというと、これは何ですか、と写真を見せられ、まぎれもなくチュウヒで、面目丸つぶれでした。お二人は中央エントランスでミサゴの見事な写真を撮っていました。


     

    しかし、その後チュウヒは現れず、しきりにチョウゲンボウがホバリングしていました。そこに群馬の方で、オオワシやオジロワシを日光で観察しておられる方が来ました。500ミリのキャノンのレンズで撮影していました。やっと5時過ぎに、その方がチュウヒの写真を撮りました。そのチュウヒはヨシ焼き跡に下りていました。それから、北に1羽、北から1羽が飛んできました。ここで川崎ナンバーのご夫妻は変えられました。さらに2羽がヨシ原の上を飛びました。そして、チュウヒが1羽ヨシ原に入りました。最後にハイイロチュウヒがヨシ原の上を舞って、ヨシ焼き跡に降り立ちました。キャノンで写真を撮っておられる方は、こんな折り方をするんだ、と驚いておられましたが、おそらく、ヨシ原の中のねぐら入りも、ヨシの開いているところに下りているので、同じなのでしょう。6時にお別れをして、帰り道、ジャレッドの散歩をしました。   高際澄雄

     


    ここに本文を記入してください。


     


    コメント
    小口一郎さんの渡良瀬遊水地の油絵の場所特定に驚き、桃の木、賛称の木!遊水地を知り尽くしている高際先生だからできることですね。ヨシ焼きの燃えかたも良くわかります。今回のヨシ焼きは不参加でしたので有難いです。これも半分はジャレッドさんの貢献→貢犬!ワンワン!
    • 赤上
    • 2019/03/22 1:14 PM
    赤上先生 小口さんの油絵、みずみずしく、まだ屋敷跡が生き生きしていた時代の貴重な作品ですね。あのように土取り跡沼を復活したいですね。ジャレッドにも遊ぶ場所が増えるでしょう。迷鳥
    • 高際澄雄
    • 2019/03/22 9:02 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 横堤を歩き、ヒルガオに集まる虫を見る 捨て猫の子猫ちゃん引き取られる(8月14日)
      Sumio Takagiwa (08/19)
    • 横堤を歩き、ヒルガオに集まる虫を見る 捨て猫の子猫ちゃん引き取られる(8月14日)
      赤上 (08/16)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      Sumio Takagiwa (07/30)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      りこ (07/24)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      りこ (07/22)
    • 北中央ゲートから屋敷跡を歩き、ヨシの焼け具合を調べ、小口一郎さんの油絵の写生場所を探る 昨夕一本榎道でチョウゲンボウのホバリングとチュウヒ・ハイイロチュウヒ6羽を見る(3月21日)
      高際澄雄 (03/22)
    • 北中央ゲートから屋敷跡を歩き、ヨシの焼け具合を調べ、小口一郎さんの油絵の写生場所を探る 昨夕一本榎道でチョウゲンボウのホバリングとチュウヒ・ハイイロチュウヒ6羽を見る(3月21日)
      赤上 (03/22)
    • 鷹見台から囲繞提を北に歩き、ウグイスの初音とヒバリの囀りを聞く 昨夕西前原第3囲繞提駐車場から石川橋まで車で走り、ハイイロチュウヒの狩り、争い、そしてノスリのホバリングを見る(2月24日)
      高際澄雄 (02/25)
    • 鷹見台から囲繞提を北に歩き、ウグイスの初音とヒバリの囀りを聞く 昨夕西前原第3囲繞提駐車場から石川橋まで車で走り、ハイイロチュウヒの狩り、争い、そしてノスリのホバリングを見る(2月24日)
      赤上 (02/24)
    • 第1水門西の駐車場から三国橋まで歩き、決壊口跡の碑を見る(2月23日)
      赤上 (02/23)

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM