鷹見台よりヤナギ林まで歩く わが家にキツツキ来る 昨夕16羽のチュウヒを見る(2月5日)

0

    皆様 今朝は愛犬ジャレッドを車に乗せ、619分に出発しました。天気予報とは異なり雲が多く出ていました。ハシブトガラスが鳴いており、気温は4度でした。

     

    鷹見台に630分に着きました。気温は4度でした。ジャレッドを下ろし散歩を始めました。筑波山はやっと見えるくらいでした。写真をご覧ください。

     
     

    坂を下り、作業道路を歩いていくと、石川樋管から流れている川を渡りました。水はわずかに流れているようです。写真を添付します。

     
     

    さらに右に曲がり、与良川を渡りました。ここも流れはわずかでした。その南の掘削沼には水鳥はいません。その南の湿地再生試験沼には1羽ダイサギがいただけです。3枚の写真をご覧ください。

     


     

    ヤナギ林に行くと、沼が残っていました。自然にできた沼なので、天候に左右されないのでしょう。ヤナギ林の北にも沼が残っていました。これで湿地は守られます。

     
     

    ここから戻りました。再び石川樋管からの川を渡ると、朝日に照らされた日光連山が見えました。写真を添付します。

     

     

    さらに鷹見台に戻ると、雪を被った足尾連山が見えたので、ジャレッドを車に乗せ、写真を撮りました。そして77分、帰路に就きました。家に着くとなんとキツツキのコゲラがザクロの小枝をコツコツと叩いていました。虫がいるのかな?


     

    昨夕、一本榎道に行きました。すでに群馬ナンバー車が停まっており、ご夫婦がおられました。ご主人と話をすると、渡良瀬遊水地ガイドクラブの方だと分かりました。いろいろご存じで、いつも新川沿いでチュウヒを撮っている人たちはハイイロチュウヒの雄を狙っている事、ハイイロチュウヒの雄は一度ヨシ原に入り、日没後にもう一度現れるので、それを狙っているということ、ご自身で撮った写真を見せてくれました。今日は3時から来ており、すでに西の草地に3羽のチュウヒがねぐら入りしたということです。

     


     

    そこへ木村さんが来られました。同じガイドクラブですぐに、おお、と分かりました。木村さんは、「今日もきららが見えない」という情報をくださいました。そして2羽のチュウヒがねぐらを争う様子を見て、面白いとおっしゃっていました。

     

     

    その後2人でチュウヒを見ましたが、「今日は出ないね」とおっしゃって、9羽がでたところで(その方はすでに3羽見ており、私に見えないハイイロチュウヒを見たので全部で13羽見たところで)5時少し過ぎに帰られました。

     

    日没は5時過ぎ、それから7羽が現れました。16羽を見た時点で、横堤に行き、南の土取り跡沼に70羽近いコガモ、北の土取り跡沼に50羽近いマガモがいました。



     

    そして帰る途中、チュウヒと並んで走りました。こんなに遅くなってもチュウヒが飛ぶんですね。高際澄雄


    コメント
    「きらら」情報:2月6日野田市ホームページより、2月4日18時;古河市・五箇村付近。
    • (ランニングレポート(クロちゃん)
    • 2019/02/06 10:50 AM
    田名網さん ありがとうございます。保護されるといいですね。 迷鳥
    • 高際澄雄
    • 2019/02/08 10:45 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 霧の一本榎の道で2羽のチュウヒ・ハイイロチュウヒを見る(3月10日)
      赤上剛 (03/10)
    • 新年の一本榎の道を歩き、18羽のチュウヒ・ハイイロチュウヒを見る(2020年1月1日)
      Sumio Takagiwa (01/05)
    • 新年の一本榎の道を歩き、18羽のチュウヒ・ハイイロチュウヒを見る(2020年1月1日)
      赤上剛 (01/01)
    • 第1ゲートからヨシ原浄化地を歩きマガモを見る 昨夕一本榎の道で39羽のチュウヒ・ハイイロチュウヒを見る(12月25日)
      赤上剛 (12/25)
    • 横堤を歩き、ヒルガオに集まる虫を見る 捨て猫の子猫ちゃん引き取られる(8月14日)
      Sumio Takagiwa (08/19)
    • 横堤を歩き、ヒルガオに集まる虫を見る 捨て猫の子猫ちゃん引き取られる(8月14日)
      赤上 (08/16)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      Sumio Takagiwa (07/30)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      りこ (07/24)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      りこ (07/22)
    • 北中央ゲートから屋敷跡を歩き、ヨシの焼け具合を調べ、小口一郎さんの油絵の写生場所を探る 昨夕一本榎道でチョウゲンボウのホバリングとチュウヒ・ハイイロチュウヒ6羽を見る(3月21日)
      高際澄雄 (03/22)

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM