中央エントランス駐車場から谷中湖まで歩き、カモとコサギを見る ポーランド旅行報告(1月25日)

0

     

    皆様 昨日ポーランド旅行から帰りました。愛犬ジャレッドはなかじま動物病院に預けたのですが、昨日夕方会いに行くと、すぐに私の足音に気づいたまではいいのですが、その後の態度がそっけなく、8日間いなかったことに疑念をもったようです。1時間くらいまでそのよそよそしさが続きました。

     

    今朝は時差ぼけが続いていたようで、6時かと思って起きると8時でした。慌てて支度をしてジャレッドを乗せ、829分に出発しました。気温は0度でした。

     

    中央エントランスに841分に着きました。気温は1度でした。ジャレッドを下ろし散歩を始めました。あたりでスズメとコゲラが鳴いていました。

     

    下宮橋の袂でツグミが鳴いていました。ポーランドでもツグミの仲間を見たので、写真を撮りました。
     

     

    谷田川は水量が減っていました。写真をご覧ください。

     
     

    ウメの花は相変わらず満開です。谷中湖もまだ干し上げは始まっていないようですが、カモが谷中湖を泳いでいません。岸に北ブロックに100羽ほど、南ブロックに50羽ほどカルガモがいました。10羽くらい泳いでいたのはコガモでした。写真をご覧ください。久しぶりの男体山、筑波山もよく見えました。ここで戻り、車にジャレッドを乗せ、846分帰路に就きました。


     

     

     

    117日から24日までのポーランド旅行は、ポーランドに対する認識を決定的に変えました。コペルニクスは3つの大学を出て、司祭、法律家、医者の資格をもった能力ゆたかな人でした。キューリー夫人は名家の出で、フランスに出てからピエールと結婚その子供たちと合せて5つのノーベル賞を受賞しています。またショパンも祖国の独立を支援していた作曲家でドイツからもロシアからも疎まれ、やっと心臓のみが帰国は果たしました。

     

    家族連れに会いましたが、子供が元気よく、スマホを使っている母親はいませんでした。まともな社会です。そして若者は知的(大学進学率90パーセント、学費は無料です)で、一生懸命勉強している姿を見ました。

     

    ポーランド人は親日家で、日露戦争後、日本が600余名のポーランド孤児を引き受けたこに由来するそうです。

     

    アウシュビッツ・ビルケナウは考えていた以上におぞましい場所でした。知らなかったことはゲットーに隔離されていたユダヤ人たちはアウシュビッツ・ビルケナウに連れてこられるとき、もっといい場所に行けると期待してきたそうです。無理に貨車に押し込まれてきたわけではなさそうです。ところが到着するやいないなや男女子供が分けられ、女性と子供は労働力の少なさからそのままガス室に送られ、持ってきたものは全部分類されて、再使用に使われたそうです。たくさんの眼鏡や子供服を見ると気持ちが悪くなりました。

     

    さてポーランドの自然ですが、厳冬期であったため、カラス類とツグミ、スズメくらいしか見なかったのですが、ワルシャワの現地ガイドの話では、ヨーロッパのコウノトリの85パーセントはポーランドで生まれているそうです。アフリカから渡ってきたコウノトリを3月から8月まで近郊でたくさん見られるとのことです。(ウィキペディアによればポーランドでは450種余の野鳥が観察できるそうです。)樹木はアカマツ、シラカバ、ヤナギが目立ちました。そしてヤドリギがたくさんありました。写真を添付します。日付と時間は日本時間ですので、ポーランド時間にするには8時間遅くしてください。

     

    車からゴミを捨てる運転手はいなくて、川にはゴミがありませんでした。これはルーマニアとよく似ていました。          高際澄雄



     

     



     


    コメント
    ジャレッドさんの気持ちわかる〜もう置いてっちゃってワン(笑)僕らもおんなじだもん!コペルニクス的転換を体験して高際先生ご一行戻られました。おかげで、我らも日常に戻れます。ワワンワン!
    • 赤上
    • 2019/01/25 10:32 PM
    高際先生 お久しぶりです
    今朝の朝日新聞「be」の「みちものがたり」で、
    先生のお名前を拝見し、最近のご様子を知り、
    とても嬉しく思いました
    このブログもこれから楽しみにしていきます
    • 野沢健一
    • 2019/01/26 10:19 AM
    赤上先生 今朝も日付を間違いました。まだ完全に戻ってないようです。迷鳥

    野沢様 なつかしいです。お元気でしょうか。こちら正造さんの考えに追いつこうとしています。いつかまた。高際澄雄
    • 高際澄雄
    • 2019/01/26 1:57 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 横堤を歩き、ヒルガオに集まる虫を見る 捨て猫の子猫ちゃん引き取られる(8月14日)
      Sumio Takagiwa (08/19)
    • 横堤を歩き、ヒルガオに集まる虫を見る 捨て猫の子猫ちゃん引き取られる(8月14日)
      赤上 (08/16)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      Sumio Takagiwa (07/30)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      りこ (07/24)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      りこ (07/22)
    • 北中央ゲートから屋敷跡を歩き、ヨシの焼け具合を調べ、小口一郎さんの油絵の写生場所を探る 昨夕一本榎道でチョウゲンボウのホバリングとチュウヒ・ハイイロチュウヒ6羽を見る(3月21日)
      高際澄雄 (03/22)
    • 北中央ゲートから屋敷跡を歩き、ヨシの焼け具合を調べ、小口一郎さんの油絵の写生場所を探る 昨夕一本榎道でチョウゲンボウのホバリングとチュウヒ・ハイイロチュウヒ6羽を見る(3月21日)
      赤上 (03/22)
    • 鷹見台から囲繞提を北に歩き、ウグイスの初音とヒバリの囀りを聞く 昨夕西前原第3囲繞提駐車場から石川橋まで車で走り、ハイイロチュウヒの狩り、争い、そしてノスリのホバリングを見る(2月24日)
      高際澄雄 (02/25)
    • 鷹見台から囲繞提を北に歩き、ウグイスの初音とヒバリの囀りを聞く 昨夕西前原第3囲繞提駐車場から石川橋まで車で走り、ハイイロチュウヒの狩り、争い、そしてノスリのホバリングを見る(2月24日)
      赤上 (02/24)
    • 第1水門西の駐車場から三国橋まで歩き、決壊口跡の碑を見る(2月23日)
      赤上 (02/23)

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM