一本榎道で8羽のチュウヒとハイイロチュウヒ、横堤でコケワタガモ、マガモ、コガモ、ミコアイサ、新川でコウノトリのヒカル君を見る 昨夕13羽のチュウヒとハイイロチュウヒを見る(1月13日)

0

     

    皆様 今朝は愛犬じゃレッドを車に乗せ、618分に出発しました。昨夜の天気予報は雨でしたが、雨は降りませんでした。しかし東に雲があり、明けの明星と水星は玄関に出たとき一瞬見えただけでした。気温は4度でした。

     

    一本榎道に627分に就きました。気温は3度、東に雲があって、筑波連山は見えましたが、暗く見えました。写真をご覧ください。
     

     

    ジャレッドを一度下ろしましたが、走り回ってチュウヒ観察に集中できないので、車に乗せました。暗かったためでしょうか、最初のチュウヒは637分に西の草地に現れました。続いて2羽目も西の草地でした。それから続いて3羽目と4羽目は東の草地に現れました。4羽目は明らかにハイイロチュウヒです。それからすべて西の草地に現れましたが、ハイイロチュウヒも混じっていました。650分まで見て、8羽を数えたところで、出なくなりました。そこで横堤に向かいました。

     

     

    横堤の気温は3度、西の土取り跡沼に白い水鳥が見えました。写真をとってチェックするとミコアイサでした。

     
     

    南の土取り跡沼ではマガモが水音を立てていました。それで写真を撮り家で調べると、絶滅危惧種のコケワタガモが混じっていました。別種なので争っていたのでしょう。少しはなれたところにマガモとは別のカモがいたので、写真で撮って調べると、翼に紫の印、明らかにコケワタガモの雌です。


     

     

    北の土取り跡沼に行くと、マガモが南の端にいました。そして真ん中に行くと、気温が2度に下がりました。さらに北の端に行くと、1度となりました。しかし沼は凍っていないので、カモが泳いでいました。1つの群れはコガモです。しかし2羽白い鳥がいたので、ミコアイサだと思い込みました。しかしよく調べると、これが雄のコケワタガモです。分かれていても南の群れと一緒なのでしょう。(あとでさらに調べると、この後戦闘の個体は潜水していました。これはアイサ類の特徴です。やはりミコアイサが正しいと思います。謹んで訂正します。ただし、雌のコケワタガモは間違いありません。)

     

    ここから新川に行きました。拡幅部に行くと、コウノトリが見えました。それで近くにおられるご夫婦にコウノトリだと教えると、サギだと思っていたとのこと。ご主人は撮影に行きましたが、奥様はジャレッドに興味をもたれ「かわいいわね」と写真を撮っておられました。ありがたいことです。

     

    私は新川でコウノトリを見るのは初めてなので、写真を撮りながら距離を縮めていきました。といっても、水の無い部分にいたので、遠いのですが。そこに多摩ナンバーの方がカメラを担いで来られました。コウノトリのことを教えると、「景色を撮っているので」とあまり興味を示されませんでしたが、狙い始め、ヨシが邪魔じゃないかと聞くと、「その方が写真が面白くなります」とのこと。風景としてコウノトリを撮っておられたようです。

     

    ご夫婦が帰られたので、ジャレッドを下ろしました。奥様にじゃれつく恐れがあったので、車に閉じ込めていたのです。少し歩くと、鹿嶋ナンバーの方が車でこられ、車の中から写真を撮り始めたので、コウノトリの名前を聞きましたが、分からないとのことでした。さらに歩いていくと、別の方がカメラを持っておられたので、「コウノトリに気づきましたか」というと「今日は長いレンズを持っていないので。コウノトリはここによく来ますよ。ここには絶滅危惧種の鳥も来ています。」と事もなく言うので、私はあきらめました。そして戻ると、なんとコウノトリが新川に入って餌を獲っていました。明らかに2本の足が健康なのできららではありません。近くなったので、夢中でシャッターを切り続けました。するとジャレッドが鹿嶋ナンバーの人に近づいたので、あわてて誤りに行くと、「大丈夫です。コウノトリはヒカルです。」と教えてくれました。どこかのグループに属し、情報が入ったのでしょう。お礼を言って、別れ、帰路に就きました。朝、コケワタガモとヒカル君を見られたことは、予想しない収穫でした。


     

     

    昨夕は4時に一本榎道に行きました。60人くらいが方々を見ていました。そこに小山市役所の方が来られ、小山市でバスで来たと教えてくれました。雲が出ていて、なかなかチュウヒが現れず、じりじりしましたが、やがて630分最初のチュウヒがとびました。そこへバスの運転手さんが来て、「チュウヒってどれですか」と聞かれましたので、ちょうど目の前を飛んでいたチュウヒを指し、あれです、と教えると、「そうですか、カラスだと思ってた」とのこと。しかしこの方は目が良く、遠くからとんでくるチュウヒをいち早く見つけ、たちまち8羽まで見つけました。私が「今日は10羽は見たいですね」というとさらに暗くなって12羽まで数えました。そこで拍手が起こり、小山市の観察会が解散になったようです。ぞろぞろと引き上げる中に、浅野先生と楠さん、ラムサール推進課長もおられました。浅野先生は「やはりすごいですね」と言っておられました。挨拶して別れましたが、それからさらに1羽が飛んできて、暗くて写真には撮れませんでしたが、合計13羽を見ました。確かに分散化が始まっているとはいえ、13羽見られるとはすばらしいことです。  高際澄雄




     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM