一本榎道で4羽のチュウヒ、横堤でマガモを見る(1月12日)

0

    皆様 今朝は愛犬じゃレッドを車に乗せ、630分に出発しました。今朝は東に雲がありましたが、明けの明星は見えました。ハシブトガラスが鳴いていて、気温はマイナス3度でした。

     

    一本榎道に636分に就きました。気温はマイナス8度でした。ジャレッドを下ろしてチュウヒの観察を始めました。実は、昨夕風が吹いていたので、チュウヒが早く帰ってくるのかと思い、午後4時に一本榎道に行きました。すると予想通り、43分に西の草地から東に飛ぶチュウヒを見つけました。そのあと415分ころ3羽のチュウヒが東の草地に入りました。次のチュウヒは西の草地に入りましたが、6羽目のチュウヒは西の草地から北に飛んで行きました。そこで、カメラにSDカードが入っていないことに気づき、がっかりして帰りました。途中、ゴルフ場の近くで2羽のハイイロチュウヒがヨシ原を飛んでいるのを見ました。
     

    それで、今朝西の草地からどれくらい飛び立つのか見たかったのですが、いなかったのか、着いたのが遅かったのか、西の草地から飛び立つチュウヒを見ることができませんでした。かろうじて最初のチュウヒは西から北東に飛んで行ったので、西の草地から飛び立ったのかもしれませんが、確認はできませんでした。それから3羽続けて東の草地から飛び立ちました。4羽目は遠かったので、写真が撮れませんでしたが。こうしてみると、西の草地に入るチュウヒの数が減っていて、方々に分散しているのでしょうか。




     

     

    それから横堤に行きました。気温はマイナス8度、西と南の土取り跡沼は全面凍り付き、北の土取り跡沼がかろうじて岸で凍っていない場所があり、たった3羽ですがマガモが見られました。日光から赤城山まで山が見えましたが、ここでは白根山の写真と朝焼け雲の写真を添付します。ここではジャレッドを車から降ろさなかったので、車に戻り、そのまま帰りました。  高際澄雄




     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM