江川樋管から中根樋管まで歩く 昨夕13羽のチュウヒとハイイロチュウヒを見る(1月10日)

0

    皆様 今朝は愛犬じゃレッドを車に乗せ、6時31分に出発しました。玄関に出ると快晴でまだ金星と水星が見えました。ハシブトガラスが鳴き、気温はマイナス6度、これまでで一番の寒さでした。

     

    気温は運動公園でマイナス7度、サイレン塔でマイナス8度、河川敷入り口でマイナス9度、曲がり角でマイナス10度、西赤麻橋でマイナス11度に下がりました。いずれも最低温度です。

     

    江川樋管近くに6時43分に就きました。気温はマイナス11度でした。ジャレッドを下ろして周囲提に上り、江川樋管からヒメガマの湿地の写真を撮りました。
     

    江川樋管の下の道を歩くと、道の両側の草がよく刈られていました。ヨシ焼きの準備でしょう。ヤナギには1つだけヤドリギがありました。2枚の写真を添付します。



     

     

    一回りして中根樋管に上がると、ちょうど朝日が昇りました。そして北の日光連山と足尾連山は朝日にバラ色に輝いていました。写真をご覧ください。




     

    車に戻り、あたりを駆け回っているジャレッドを捕まえて車に乗せ、7時17分帰路に就きました。

     

    昨夕一本榎道に4時12分に就きました。もうチュウヒが西の草地を3羽飛んでいました。西風がこれまでで一番強く、東の草地からもチュウヒが飛んできました。全部で11羽を見たところで、近くで写真を撮っている人に「今日は早く出ましたね。風のせいでしょうかね。」と話すと、2年前には東でハイイロチュウヒを撮れたのですが」とのこと。私も今年のねぐらが西の草地になったことを不思議に思っていることを話し、どこから来られたかを聞くと、新宿から電車で来て、板倉東洋大前駅から歩かれたことを知りました。驚いて、車で送っていくと、辞退されましたが、無理に乗ってもらいお送りました。車内で聞くと、コミミヅクを撮りに野木からも歩かれるとのこと。驚きました。こんなに熱心な方もいるんですね。  高際澄雄





     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM