ラバー堰より下流越流提記念碑まで歩き、コガモを見る 昨夕15羽のチュウヒとハイイロチュウヒを見る(1月6日)

0

    皆様 今朝は愛犬じゃレッドを車に乗せ、623分に出発しました。玄関に出ると明けの明星が輝き、水星も見えました。西でハシブトガラスが鳴き、気温は2度でした。

     

    北エントランスから周囲提に上ると、朝焼けの筑波連山が雲の下に見えたので、写真を撮りました。
     

     

    気温は一本榎道を過ぎると1度、北中央ゲートで0度、第4ゲートでマイナス1度、新谷中橋でマイナス2度、東赤麻橋でマイナス3度に下がりました。

     

    ラバー堰近くに642度に着きました。気温はマイナス2度でした。この少し上流に下都賀漁協が看板を出していて、「ラバー堰付近でワカサギの稚魚を育てているので、四手網禁止」とありました。なるほど。池内水路にはここまで水鳥がまったくいなかったのですが、ラバー堰付近には70くらいのコガモがいました。2枚の写真を添付します。

     

     

    ラバー堰下流にはカワウ、シラサギ、アオサギ、カルガモがいましたが、私たちに気づいて全部飛び立ちました。

     

    1水門はいつもの通りでした。
     

     

    周囲提から下流越流提記念碑に上ると、朝日が昇り、朝日に照らされて男体山がバラ色に輝いたので、写真をとりました。今朝は白根山見えませんでしたが、足尾連山、赤城山(頂上に雲があったので、風が吹くのでしょう)、妙義山、浅間さん、秩父連山、富士山が見えました。高原山もよく見えました。
     

     

    ここから戻りましたが、途中ジャレッドをリードを強く引っ張り、離すとヨシ原でしばらく遊んでいたので、「ジャレッド、帰るぞ」と言ったらひょっこり出てきました。言葉が分かったのかな?

     

    ラバー堰ではコガモが岸に上がっていましたが、私たちに気づくと全部谷中湖に飛んで行って1羽も残りませんでした。

     

    車に戻り、ジャレッドを乗せ、720分、帰路に就きました。

     

    昨夕、一本榎でチュウヒを観察しました。10代くらいの車が来ていて、10数人が観察していました。最初のチュウヒは415分に来ました。そのあと、東の草地からチュウヒがやってきました。最終的に15羽を見ました。13羽で帰ろうとして隣の人に「今日は少ないですね」というと、「去年は東に入るチュウヒが多かったのに今年は違いますね」と私と同じ感想を言っておられました。すると、「あ、まだ来てますよ」と言われたのでみると2羽見ることができました。昨夕は1羽ずつ来たので、乱舞はありませんでした。高際澄雄

     




     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 横堤を歩き、ヒルガオに集まる虫を見る 捨て猫の子猫ちゃん引き取られる(8月14日)
      Sumio Takagiwa (08/19)
    • 横堤を歩き、ヒルガオに集まる虫を見る 捨て猫の子猫ちゃん引き取られる(8月14日)
      赤上 (08/16)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      Sumio Takagiwa (07/30)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      りこ (07/24)
    • 底谷先の資材置き場から渡良瀬川堤防を歩き、セグロアジサシに似た鳥を見る アサザの花を大望遠レンズで写す(7月20日)
      りこ (07/22)
    • 北中央ゲートから屋敷跡を歩き、ヨシの焼け具合を調べ、小口一郎さんの油絵の写生場所を探る 昨夕一本榎道でチョウゲンボウのホバリングとチュウヒ・ハイイロチュウヒ6羽を見る(3月21日)
      高際澄雄 (03/22)
    • 北中央ゲートから屋敷跡を歩き、ヨシの焼け具合を調べ、小口一郎さんの油絵の写生場所を探る 昨夕一本榎道でチョウゲンボウのホバリングとチュウヒ・ハイイロチュウヒ6羽を見る(3月21日)
      赤上 (03/22)
    • 鷹見台から囲繞提を北に歩き、ウグイスの初音とヒバリの囀りを聞く 昨夕西前原第3囲繞提駐車場から石川橋まで車で走り、ハイイロチュウヒの狩り、争い、そしてノスリのホバリングを見る(2月24日)
      高際澄雄 (02/25)
    • 鷹見台から囲繞提を北に歩き、ウグイスの初音とヒバリの囀りを聞く 昨夕西前原第3囲繞提駐車場から石川橋まで車で走り、ハイイロチュウヒの狩り、争い、そしてノスリのホバリングを見る(2月24日)
      赤上 (02/24)
    • 第1水門西の駐車場から三国橋まで歩き、決壊口跡の碑を見る(2月23日)
      赤上 (02/23)

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM