第1ゲートからヨシ原浄化地を歩き、飛ぶハクチョウ1羽とチュウヒ2羽、およびカモを見る 昨夕17羽のチュウヒを見る(1月3日)

0

    皆様 今朝は愛犬じゃレッドを車に乗せ、636分に出発しました。この少し前東を見ると金星と月と水星が見えました。写真では水星が見えにくいかもしれませんが、東下にあります。ご覧ください。

     

    出発するとき、ハシブトガラスとスズメが鳴いていました。気温はマイナス2度でした。

     

    ヨシ原浄化施設第1ゲート前に644分に着きました。ジャレッドを下ろし、ゲートの中に入り、左に曲がると、朝焼けの筑波山が見えました。写真をごらんください。

     
     

    少し歩くと、頭上を鳥が飛んでいます。はじめはカワウだろうと思ったのですが黒くありません。写真を撮って拡大するとなんとハクチョウでした。たった1羽で北にとんでいきました。どうしたのでしょう。オオハクチョウかコハクチョウか見分けられませんでした。
     

     

    南に曲がると、チュウヒが東に飛んで行きました。そのあと別のチュウヒが頭上を南に飛んで行きました。2枚の写真をごらんください。

     

     

    観察池は全面的に凍結していました。そして東の築山に上ると、朝日が昇りました。写真をご覧ください。

     
     

    谷中湖を見ると、カモが200羽くらい浮いていました。岸にいたカモの写真を撮ると、マガモとヒドリガモでした。

     

     

    多自然池も全面凍結して、アオサギしかいませんでした。

     

    ここから中央舗道を歩き、車に戻り、ジャレッドを乗せ、718分帰路に就きました。

     

    昨夕最初大沼駐車場から横断道路沿いに歩き、帰ってくると、遠くに2羽チュウヒが飛んでいました。そのあと、ジャレッドを乗せ一本榎道に行くと、次々にチュウヒが西の草地に飛んできました。この日は珍しく東の草地からも飛んできました。そして1羽は東の草地に入りました。今年度初めて見た東の草地へのねぐら入りです。昨年度は東の草地が主としたねぐらでしたが、今年はなぜか西の草地がねぐらです。これから変わるのでしょうか。

     




     

    450分までいて17羽を観察しました。これまでで一番多いねぐら入りでした。高際澄雄


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM