初日の出を見に横堤に行き、カモを見る 大晦日の夕方西の草地で8羽のチュウヒを見る(1月1日)

0

    皆様明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。初日の出が見たいという妻とジャレッドを乗せて、640分に出発しました。明けの明星と24日の月が近づいていて、ハシブトガラス、ハシボソガラス、スズメが鳴いていました。気温はマイナス3度でした。今朝は湿地ネットわたらせで朝日を見る会があるのですが、ジャレッドを散歩させなければならないので、

     

    横堤の土取り跡沼に648分に着きました。気温がマイナス7度で西の土取り跡沼も南の土取り跡沼も凍っていて、カモはまったくいませんでした。幸い北度土取り跡沼はまだ凍っていない部分があって、カモの鳴き声がしました。見ると縁にマガモとカルガモがいました。筑波山の写真と合わせてごらんください。




     

     

    やがて初日が昇りました。妻とジャレッドといい年になるように祈りました。男体山から赤城山まで初日に照らされてきれいでした。そのうち男体山と日光連山の写真を添付します。


     

     

    そのあと、新川まで一回りして帰りました。途中、田名網さんに会ったのですが、ジャレッドがクロちゃんに激しく吠えました。元日からごめんね、くろちゃん。

     

    大晦日の夕方は一本榎道に行きました。遅かったせいでチュウヒ(あるいはハイイロチュウヒもいたかもしれません)8羽しか見られませんでしたが、元日にはもっと多く見られたことを祈ります。   高際澄雄

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM