一本榎道でハイイロチュウヒとチュウヒ8羽を見、横堤でカモを見る(12月27日)

0

    皆様 今朝は愛犬じゃレッドを車に乗せ、635分に出発しました。南西の空には半月近くなった月が出ていて、雲もわずかにありました。ハシブトガラスが鳴き、気温は1度でした。

     

    一本榎道に着くと、チュウヒが飛んでいます。あわててジャレッドを下ろし写真を撮り始めました。朝焼けの中に筑波山が見えました。全部チュウヒかと思いましたが、ハイイロチュウヒが混じっていました。全部で8羽見ました。写真を添付します。気温はマイナス1度でした。


     

     

    ジャレッドを車に乗せ、横堤に向かいました。横堤の気温はマイナス3度でした。めずらしく西の土取り跡沼にマガモが泳いでいました。南の土取り跡沼には20羽近くのマガモが泳いでいました。ここでは西の土取り跡沼の写真を添付します。

     
     

    北の土取り跡沼で日の出が始まりました。そして沼にはカルガモ、ヒドリガモ、マガモ、コガモがいました。ここではカルガモとヒドリガモの写真を添付します。

     

     

    車に戻り、72分、帰路に就きました。    高際澄雄


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM