西の沼でオオハクチョウ16羽、一本榎道でチュウヒ11羽、横堤でカモを見る(12月20日)

0

     

    皆様 今朝は愛犬じゃレッドを車に乗せ、620分に出発しました。上は雲が無く明けの明星も輝いていましたが、東には雲がありました。ハシブトガラスが鳴いており、気温は0度でした。

     

    北エントランス西の沼に降りると、遠くにハクチョウが見えました。それで、北に戻り、ジャレッドを車に残して、小道から沼に近づきました。オオハクチョウは全部で16羽おり、成鳥が8羽、幼鳥が8羽でした.全体を撮った写真と一部の写真を添付します。これほどのオオハクチョウが来るとは驚きです。

     

     

    北エントランスから一本榎道に向かいました。すでに西の草地では3羽のチュウヒが舞っていましたので、着くや否なジャレッドを下ろし、写真を撮り始めました。気温は0度。すでに東が黄金色に輝いていました。

     

    残念ながら3羽一緒の写真は撮れませんでしたが、2羽の写真を添付します。
     

     

    そのうちに朝日が昇りました。写真をご覧ください。

     
     

    チュウヒは次々に飛び立ち全部で11羽がヨシ原浄化地、東、そして西に飛んで行きました。飛び立ちを撮った写真を添付します。
     

     

    チュウヒの飛び立ちが終わったので、我に返ると、ジャレッドがいません。あわてて探すと2番目のクワの木の下でガリガリと齧る音がします。道を降りるとやはりジャレッドが何かを齧っています。近づくと、逃げて道に戻りました。何を齧っていたのでしょうか。リードをひっぱり車に乗せて、横堤に向かいました。

     

    横堤の南の土取り跡沼の近くは気温がマイナス3度でした。南の土取り跡沼には15羽ほどのマガモが泳いでいました。写真はその一部です。

     
     

    北の土取り跡沼では2人の男の人と1人の女の人が朝日の写真を撮っていました。北の土取り跡沼には水鳥は1羽しかおらず、よく見るとハシビロガモでした。その西から北を望むと、今朝は日光の山々は見えませんでした。2枚の写真を添付します。

     

     

    ジャレッドの待つ車に戻り、71分、帰路に就きました。   高際澄雄


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM