谷中湖南端を歩き、カモとノスリを見る(12月9日)

0

    皆様 今朝は愛犬じゃレッドを車に乗せ、618分に出発しました。雲が多く、西でハシボソガラスが鳴いていました。気温は4度でした。

     

    北エントランスから周囲提に上ってみると、霧は出ていませんでした。ここを降り、西の沼には今朝もハクチョウはいませんでした。

     

    南端の駐車場に上ると、周囲提に侵入禁止のゲートが置かれていました。そこで北向きに駐車し、ジャレッドを下ろしました。ここから貯水機場の写真を撮りました。

     

    周囲提を北に歩きました。そこから池内水路を見ると、ラバー堰が空気を抜かれていました。鳥がいましたが、カワウでした。写真を添付します。

     

     

    谷田川橋にもゲートが置かれていました。ここから写真を撮りましたので、ご覧ください。
     

     

    谷中湖南ブロックには100羽以上のカルガモがいました。そこにはマガモが混じり、ヒドリガモもいました。ヒドリガモの写真は撮れませんでしたが、マガモのつがいの写真は撮れました。また東端には100羽以上のマガモの群れがいました。3枚の写真を添付します。

     


     

    やがて北の山が朝日に照らされて赤くなってきました。紅葉が映えたのでしょう。写真を添付します。
     

     

    ここから戻り、谷田川橋を渡ると、交通標識にノスリが止まっていましたが、すぐにそこにトビが来て、2羽で争いを始めました。

     
     

    周囲提に出ると、富士山が見えました。

     

    車に戻り、ジャレッドを乗せ、712分、帰路に就きました。   高際澄雄


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM