ヨシ原浄化地から横堤土取り跡沼を歩き、チュウヒとコガモを見る(12月3日)

0

    皆様 今朝は愛犬じゃレッドを車に乗せ、616分に出発しました。曇っていて気温は8度でした。

     

    北エントランス西の沼には今朝もハクチョウはいませんでしたが、カルガモ7羽(遠くにもいたようですが数は確認できませんでした)ダイサギ1羽、カンムリカイツブリ2羽がいました。1羽のカンムリカイツブリは長く潜水していて、なかなか姿を見せませんでした。

     

    北エントランスから横断道路に行き、大沼駐車場の入り口に来ると、ヨシ原浄化地をチュウヒが飛んでいました。慌てて車を止め、写真を撮ると、なんと気づかなかったもう一羽も写っていました。写真2枚を添付します。ここに

     

     ここから横堤に行き、632分に着きました。気温は2度でした。ジャレッドを下ろし、散歩を始めました。ウグイスが地鳴きしていました。

     

    南の土取り跡沼にはアオサギが1羽いるだけで、カモ類はいませんでした。写真をご覧ください。
     

     

    北の土取り跡沼の南端にはカモがいて、私たちの足音で東に泳いでいきました。家で調べるとコガモが写っており、15羽ほどいました。カイツブリも2羽写真に写りました。北端にはオオバンが2羽いました。すると朝日が雲の間から輝きました。写真を添付します。


     

     ここから車に戻ると、西のヨシ原をチュウヒが飛びました。ところが、ヨシに邪魔されて焦点が合わず、ついに写真に撮れませんでした。

     

    ここでジャレッドを車に乗せ、出発すると、田名網さんがくろちゃんと走ってきました。ジャレッドを例の通り、激しく吠えました。くろちゃん、ごめん。  高際澄雄


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM