荒立樋管から西赤麻樋管まで歩き、カモとタカを見る(12月2日)

0

    皆様 今朝は愛犬じゃレッドを車に乗せ、6時30分に出発しました。東に雲があり、スズメが鳴いていました。

     

    荒立樋管下に625分に着きました。ジャレッドを下ろし、散歩を始めました。

     

    周囲提に上ると、南東にわずかな朝焼けが出ていました。さらに遠くの第2調節池に霧が出ていました。渡良瀬川は水位が減っていて、いつもカモのいる場所も干上がっていました。3枚の写真を添付します。


     

     

    屈曲点で写真を撮りました。遠くにカモがいましたが、カルガモでした。

     ここに本文を記入してください。

     

    ドブセの田んぼ越しに日光連山を見ていると、タカが飛びました。それで写真を撮ると、タカはノスリ、そして電柱にミサゴ、あるいはオオタカが止まっていました。写真を添付します。

     

     

    西赤麻樋管の近くでカオジロガビチョウとヒヨドリが鳴いていました。647分、ここで道を引き返し、車に戻り、ジャレッドを乗せ、657分、帰路に就きました。 高際澄雄


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

    ワンちゃん(ジャレッド)

    愛犬ジャレッド

    東京のイベント紹介

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    The Pelican Brief
    The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
    John Grisham
    ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM