報告を明日にさせてください(11月23日)

0

    皆様 今朝は雨の中、541分から1時間ほど周囲地を散歩しましたが、8時に出かけねばならず、報告を書く時間がありません。申し訳ありませんが、あすの散歩と合わせて報告させてください。高際澄雄


    ラバー堰から第1水門近くまで歩き、不明のタカとヒドリガモを見る(11月22日)

    0

      皆様 今朝はワンちゃんを車に乗せ、558分に出発しました。かなり遅かったにもかかわらず、シリウスとプロキオンが見えました。東には雲がありましたが、天頂付近は快晴で、ハシブトガラスとハシボソガラスが鳴いていました。車に乗る直前には東でモズが高鳴きをしました。気温は0度でした。

       

      北エントランス周囲堤から雲と筑波連山を望む霧のかかる宮内勇次さん屋敷跡を谷中橋から望む北エントランス周囲堤に上ると、筑波連山はよく見えましたが、その上に雲があり、北にかけて続いていました。写真をご覧ください。谷中湖からは湯気のように霧が立ち上っていました。ほかに霧は見えなかったのですが、谷中橋に行くと、横堤屋敷跡から東に雲海状の霧が出ていました。写真を添付します。

       

      気温は高間の信号機でマイナス1度、周囲堤から降りて一本榎道入り口でマイナス2度、第3ゲートでマイナス3度、クワ並木のゲート手前でマイナス4度になり、そのまま続きましたが、池内水路沿いに走り、野渡に分岐する場所を過ぎて少しすると、マイナス3度に上がりました。ラバー堰近くに618分に着きました。気温は3度でした。と、南から大きな鳥が飛んできました。池内水路の上を飛ぶ不明のタカ見上げると、尾羽がトビとは異なります。あわてて車を飛び出し狙うと、車のギアが入ったままだったので、ゆっくり車が動きました。あわてて飛び乗り、ギアを切りエンジンを停めました。すると今度はタカが南に飛んできました。ところがカメラの焦点が合いません。がっかりしていると、三度北に飛んできました。やっとカメラで捉え、飛んで行くタカを収めることができました。離れすぎて、家で拡大しても種類は分かりません。おそらくノスリだと思います。写真をご覧ください。

       

      池内水路に水鳥は少なく、野渡への分岐点から南でカルガモが5羽、ヒドリガモが数羽いただけでした。6時11分にシラサギが南から15ほど、613分には北からカワウが20羽ほど飛んできました。カワウは編隊を組んでいませんでした。

       

      しぼんだラバー堰やっと落ち着いてラバー堰に向かうことができました。今朝は新川と池内水路の水位が下がった原因を調べたかったのですが、思った通りラバー堰がしぼんでいました。渡良瀬川の水位と同じになったわけで、急激に渡良瀬川の水位が下がったため、池内水路も下がったことが分かりました。

       

      ワンちゃんは私とは別にヨシの中に入っていきました。ラバー堰の南に出ると、貯水池機場ゲートの前にはカルガモが10羽ほど泳いでいました。その先には20羽のカルガモがいました。そこにカワウが離れて泳いでいます。2羽のカンムリカイツブリも泳いでいました。635分、ジョウビタキが対岸で鳴き、機場周囲の茂みでオナガが鳴きました。

       

      貯水池機場ゲート近くのサギたち谷中湖越しの白根山ワンちゃんがヨシに入ったまま出てきません。朝日を受ける第1水門行ってみると、ガリガリ何かを噛んでいます。無理に引っ張ると、魚の骨を食べています。腹をこわすと困るので、無理に引っ張っていきました。第1水門の見える茂みに行くと、ホオジロの声が聞こえてきました。ところがワンちゃんは勝手に道を戻ってしまいました。今朝は下流越流堤記念碑に行くことは断念し、第1水門の写真を撮って戻ることにしました。写真を添付します。貯水池機場ゲートの近くにはシラサギとアオサギがいたので写真に撮りました。そして北を見ると、雪を被った白根山が見えましたのでこれも写真に撮りました。ご覧ください。

       

      池内水路のヒドリガモワンちゃんはヨシの中で魚の骨をゴリゴリかじっていました。リードを摑んでひっ張りだし、車まで歩き、乗せました。そして6時50分出発、ところが少し北に進むと、護岸の下にカモが見えました。あわてて車を停め、護岸をのぞき込むと、バーッと50羽くらいのヒドリガモが飛び立ち、対岸の護岸近くに着水しました。こんなにいたんですね。ばらばらに着水したので、たくさんは撮れませんでしたが、添付します。

       

      気温が不思議でした。野渡分岐の道を過ぎると、気温はマイナス3度からマイナス2度に上がり、さらに谷中橋近くのゲートに近くなるとマイナス1度となりました。ところが、クワ並木を抜け、一本榎道入り口に来ると、マイナス2度になり、周囲堤を上り、県道に入ってもマイナス2度となり、高間の信号機でマイナス1度となり、我が家まで変わりませんでした。1時間の間に気温が劇的に変わった朝でした。   

       

      昨日は午後330分から1時間ほど、荒立樋管から西赤麻第1樋管まで歩きました。渡良瀬川の水位はかなり減っており、渡良瀬川にいるカモはカルガモと少しのマガモ、1羽のハシビロガモ、そして数羽のオオバンでした。   高際澄雄


      | 1/329PAGES | >>

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

      ワンちゃん(ジャレッド)

      愛犬ジャレッド

      東京のイベント紹介

      selected entries

      archives

      recent comment

      • 下生井の旧思川跡を見て歩く(10月1日)
        高際澄雄 (10/01)
      • 下生井の旧思川跡を見て歩く(10月1日)
        赤上 (10/01)
      • 史跡ゾーンを歩き、ヌマスギを調べる(9月29日)
        高際澄雄 (09/30)
      • 史跡ゾーンを歩き、ヌマスギを調べる(9月29日)
        赤上 (09/29)
      • 第1ゲートからヨシ原浄化地を歩き、ジャレッド怪我をする(9月15日)
        赤上 (09/16)
      • ゴルフ場サイレン搭から横堤に向かって歩き、オオヨシキリとコヨシキリの囀りを聞く(9月12日)
        赤上 (09/13)
      • 一本榎から横堤屋敷入口まで歩き、オギの出穂を見る(9月11日)
        赤上 (09/11)

      recommend

      The Pelican Brief
      The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
      John Grisham
      ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM