第2ゲート北の草地の道を歩き、メドハギの開花を見る(8月14日)

0

    皆様 今朝は愛犬ジャレッドを車に乗せ、5時38分に出発しました。5時にハシブトガラスとハシボソガラスが鳴き出し、玄関に出ると黒い雲が空を覆っていました。スズメが近所で、ハシブトガラスが北で鳴いていました。気温は27度でした。

     

    今朝は第2ゲートからヨシ原浄化地を歩こうと思っていたのですが、第2ゲートの反対側の歩行道路に車を5時5時50分に着いたとき、北の草地の道を歩いたことがないことに気づきました。それでジャレッドを車から降ろし歩く決心をしました。写真を添付します。正面ではオオセッカが囀っていました。ここに本文を記入してください。

     


    横断道路の北側には水路があるので、この道も水路で途切れているのではないかと心配しましたが、歩いてみると、そのまま歩けました。ただ草が繁茂していました。写真をご覧ください。近くでオオセッカが囀っていました。

    この草を抜けると、歩き易くなりました。草が低いのです。よく見るとこれは小さなヨシでした。写真をご覧ください。さらに北にはメドハギが小さな花を咲かせていました。遊水地にはメドハギが多いですが、花はここらが一番早いようです。

    この先にエゾミソハギの群落がありました。ところがその先には丈の高い草(主にヨモギ)が繁茂していました。このまま進めそうにありませんので、戻ることにしました。下をみるとまだ生えたばかりのカワラケツメイがありました。これも写真を撮りました。

    エゾミソハギの中を歩いていると、コヨシキリが低い声でジジジと鳴いていました。そしてセッカが鳴きました。

     

    車に戻ると、ジャレッドは東に走っていき、なかなか戻りません。しかたなく追いかけて捕まえ、車に乗せました。6時4分出発し、一本榎道の第2のクワ近くに停車しました。再びジャレッドを降ろして北に散歩を始めました。東の草地の写真を撮りましたので、ご覧ください。

    北に行くと、トゲソバの花が今朝も咲いていました。ひょっとすると今が花の最盛期なのかもしれません。写真を添付します。

    一本榎を過ぎ、東の斜面を見ましたが、まあワタラセツリフネソウは咲いていませんでした。そこで第2ゲート方向に写真を撮りました。

    ここから戻りました。そしてヨシ原に気を取られているうちにジャレッドがいなくなりましあ。あわてて引き返すと、ガリガリと音が聞こえてきました。ジャレッドの名前を呼びましたが出てきません。南を見ると青空が広がっていました。写真に撮りました。

    ジャレッドは捨てられたゴミを拾い食いをしていました。それで捕まえて引き出しましたが、その周辺にはトゲソバがたくさん咲いていました。

     

    歩いてくると、何羽もコヨシキリが飛んでいましたが、どれも囀っていません。写真が撮れましたので、添付します。

    車に戻り、ジャレッドを乗せ、5分ほどヨシゴイを探しましたが、ついみ見られませんでした。そこで車に乗り、6時40分、帰路に就きました。   高際澄雄vv


    第1水門駐車場から下流越流堤まで歩き、オオヨシキリの囀りを聞く(8月13日)

    0

      皆様 今朝は愛犬ジャレッドを車に乗せ、5時7分に出発しました。4時40分にハシブトガラスが鳴き出し、玄関に出ると雲が黒く空を覆っていました。スズメとハシブトガラスが鳴いていました。気温は27度でした。

       

      中央エントランスから谷田川沿いを走り、駐車場から周囲堤に上り、第1水門近くの駐車場に5時20分に着きました。気温は26度でした。

       


      ジャレッドを車から降ろし、散歩を始めました。古河のビルは靄で霞んでいて、朝日が雲の間から出始めていました。写真をご覧ください。

      第1水門西から南を見ると、渡良瀬川と谷田川の合流点が見えました。かなり増水しているようです。写真を添付します。

       


      北を見ると、谷田川と池内水路が見えました。今朝は電光掲示板が点灯していませんでしたので、取水は行われていません。そのために谷田川は勢いよく流れていましたが、池内水路の水は動いていませんでした。写真をご覧ください。

       

      第1水門の東に行くと、南の茂みからポピヨパピヨ、ビジュービジューと鳴く鳥の声が聞こえました。ビジューは明らかにカオジロガビチョウの鳴き声です。それで今朝初めて、今までピヨピヨと聞こえていた鳥の鳴き声がカオジロガビチョウだと分かりました。

      さらに茂みの東からイインジャネのウグイスが鳴き出しました。依然として元気ですね。

       


      下流越流堤記念碑に上り、谷中湖南ブロックの写真を撮りました。こちらも靄で霞んでいます。

       

      道を戻ると、ホオジロが囀り出し、オナガが鳴き出しました。

       

      第1水門を過ぎると、オオヨシキリのギョギョシ、ギョギョシの囀りが聞こえてきました。懐かしい鳴き声です。それで駐車場からさらに車進入禁止のゲートを過ぎ、渡良瀬川と谷田川の合流点を見ると、近くでオオヨシキリが囀っていました。写真を添付します。


      車に戻り、ジャレッドを乗せ、5時54分に出発しました。そして第1水門を過ぎ、周囲堤を下りて、渡良瀬川が見える地点に車を停めました。渡良瀬川は昨日と同じくらい増水しています。写真をご覧ください。ここから帰路に就きました。

       

      オオヨシキリが一度囀りを止め、8月中旬にもう一度囀り出すのは毎年のことですが、これが成鳥の囀りなのか、それとも幼鳥が成鳥して囀りを始めたのかは不明です。どなたがご存知ではないでしょうか。   高際澄雄


      | 1/459PAGES | >>

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>

      ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

      ワンちゃん(ジャレッド)

      愛犬ジャレッド

      東京のイベント紹介

      selected entries

      archives

      recent comment

      • 海老瀬川上流部を歩き、アレチマツヨイグサとクズの開花、コガマの出穂を見る(7月11日)
        高際澄雄 (07/13)
      • 海老瀬川上流部を歩き、アレチマツヨイグサとクズの開花、コガマの出穂を見る(7月11日)
        赤上 (07/11)
      • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩き、歴史の逆説の出発点を探る(7月8日)
        高際澄雄 (07/09)
      • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩き、歴史の逆説の出発点を探る(7月8日)
        赤上 (07/08)
      • 111年前の強制破壊を想いながら、旧恵下野堤防近くを歩く(6月29日)
        高際澄雄 (07/05)
      • 霧の一本榎道を歩く(7月1日)
        高際澄雄 (07/01)
      • 霧の一本榎道を歩く(7月1日)
        道子 (07/01)
      • 111年前の強制破壊を想いながら、旧恵下野堤防近くを歩く(6月29日)
        赤上 (06/29)
      • 谷田川橋駐車場から西の水門まで歩き、谷中湖からの放流方法を詳しく調べる(6月28日)
        高際澄雄 (06/28)
      • 谷田川橋駐車場から西の水門まで歩き、谷中湖からの放流方法を詳しく調べる(6月28日)
        赤上 (06/28)

      recommend

      The Pelican Brief
      The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
      John Grisham
      ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM