新川沿いを歩き、オギの出穂とワタラセツリフネソウの開花を見る(9月18日)

0

    皆様 今朝は愛犬ジャレッドを車に乗せ、5時26分に出発しました。空は曇っていました。キジバトが鳴き、ムクドリの2つの群れが飛んで来て、東でハシボソガラスが鳴きました。気温は22度でした。

     

    田んぼから周囲堤に上り、ゴルフ場に入りました。ゲートを抜けると、スズメがヨシの中で鳴いていました。ここにねぐらがあるようです。

     

    横堤に入り、北の土取り跡沼の西を走っていると、西側に穂を出したオギの1群が見えました。途中ずっと見てきたのですが、オギで穂を出しているのはここだけです。遊水地内でもっとも早いオギの出穂でしょう。写真を添付します。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    新川南に5時38分に着きました。気温は21度でした。ジャレッドを車から降ろし散歩を始めました。新川は相変わらず、オニビシに覆われています。写真をご覧ください。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    反対側のヨシ原でコヨシキリが囀っていました。これも姿が見えませんが、そのヨシ原の写真を撮りました。

     

    ヨシ原側にはツユクサが咲いていました。この頃その青さが目に付きますが、花の数が増えたこともあります。ここではたくさん咲いているところを添付します。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    新川の対岸でもコヨシキリが囀っていました。そして背の高いヨシ原の道側のカナムグラ群落にポツポツとワタラセツリフネソウが花を咲かせていました。写真をご覧ください。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    道を戻ると、ゴミが目に付きました。釣り人が捨てたようです。残念です。

     

    新川の岸に2群れ、ヒガンバナが咲いていました。ヒガンバナは本当に突然咲き出します。ここも以前には気づきませんでした。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ジャレッドを車に乗せ、ゴルフ場東まで行きました。ここにもカナムグラとクズの群落があり、毎年ワタラセツリフネソウが咲きます。車を停め、ジャレッドを車に残して調べると、北と中間よりも南よりの2か所に開花が始まりました。北のワタラセツリフネソウを添付します。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    南の端まで調べていると、ジャレッドが駆けてきました。私の姿が見えなくなったので、窓から飛び出してきたようです。ジャレッドのリードを握り、車に戻って、ジャレッドを乗せ、6時8分、帰路に就きました。   高際澄雄

     

     


    第5ゲートからヨシ原浄化地を歩き、ヨシの枯れ始めを見る(9月17日 敬老の日)

    0

      皆様 今朝は愛犬ジャレッドを車に乗せ、6時22分に出発しました。昨夜なぜか寝付けなくて、目を覚ますと5時40分、慌ててしたくをし、玄関に出ました。屋根ではスズメがチュンチュン鳴いていました。どうもねぐらから戻ってきたようです。電線ではシジュウカラが鳴いていました。気温は22度でした。

       

      北エントランスから周囲堤に上ると、高い霧がでていて、朝日も霞むほどでした。写真を添付します。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      第5ゲート前に6時34分に着きました。ジャレッドを車から降ろし、散歩を始めました。キジバトが鳴いていました。

       

      第5ゲートの南の道は草が生い茂り、草露が長靴に入ってきました。少しあるくと、キンエノコロの群落がありました。写真をご覧ください。それにツユクサの青色が一段と鮮やかになったように見えました。写真を添付します。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      堰に近づくと、釣り人の声がしました。池内水路を見ると、魚が跳ねていました。釣れるでしょうね。中洲の周囲の波紋が魚の跳ねた跡です。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      池内水路に沿って西に歩きました。スベリヒユ、ツユクサ、エノコログサなどとともに、メドハギが花を一杯につけていました。よく見ると、かなり紫が強く見えました。もっと白っぽいと思っていたので驚きました。しかし他をみると、白っぽい花もたくさんあります。たしかに紫の色はあるのですが、紫の強い個体と白っぽい個体があるようです。写真をご覧ください。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      対岸には間明田家の屋敷林が見えました。写真を添付します。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      5時47分、ヨシ原でコヨシキリの囀りが聞こえました。さらに5時48分、ヨシ原からウグイスの地鳴きが聞こえてきました。

       

      中間の道から左に曲がり、染宮与三郎さんの屋敷跡碑を目指しました。道の草が茂っていて、歩くのは大変でしたが、石碑の周りはヨシが刈られていれ、石碑はよく見えました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ここから戻り、中央の道を歩きました。ここではヨシが枯れ始めていました。徐々に枯れヨシに変っていきます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      さらに北の水路沿いに歩きました。ヨシ原浄化地の水はゴウゴウと音を立てて流れていました。ここでは北の水路に流れ込んでいる水の写真を添付します。北の水路にはオオイヌタデが繁茂していました。

      そのすぐ近くに青いイシミカワの実が見えました。今年初めて見るイシミカワの実です。写真を添付します。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      すっかり草露に濡れて、車に戻り、長靴から水を出して、ジャレッドを乗せ、6時18分帰路に就きました。   高際澄雄

       

       


      | 1/477PAGES | >>

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

      ワンちゃん(ジャレッド)

      愛犬ジャレッド

      東京のイベント紹介

      selected entries

      archives

      recent comment

      • 新川沿いを歩き、オギの出穂とワタラセツリフネソウの開花を見る(9月18日)
        ランニングレポート(クロちゃん) (09/18)
      • 海老瀬川上流部を歩き、アレチマツヨイグサとクズの開花、コガマの出穂を見る(7月11日)
        高際澄雄 (07/13)
      • 海老瀬川上流部を歩き、アレチマツヨイグサとクズの開花、コガマの出穂を見る(7月11日)
        赤上 (07/11)
      • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩き、歴史の逆説の出発点を探る(7月8日)
        高際澄雄 (07/09)
      • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩き、歴史の逆説の出発点を探る(7月8日)
        赤上 (07/08)
      • 111年前の強制破壊を想いながら、旧恵下野堤防近くを歩く(6月29日)
        高際澄雄 (07/05)
      • 霧の一本榎道を歩く(7月1日)
        高際澄雄 (07/01)
      • 霧の一本榎道を歩く(7月1日)
        道子 (07/01)
      • 111年前の強制破壊を想いながら、旧恵下野堤防近くを歩く(6月29日)
        赤上 (06/29)
      • 谷田川橋駐車場から西の水門まで歩き、谷中湖からの放流方法を詳しく調べる(6月28日)
        高際澄雄 (06/28)

      recommend

      The Pelican Brief
      The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
      John Grisham
      ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM