第3ゲートからヨシ原浄化地を歩く(9月22日)

0

    皆様 今朝はワンちゃんを車に乗せ、521分に出発しました。上空には雲が無く、北には朝焼けさえ出ていました。もちろん星はもう見えません。ハシブトガラスは5時に鳴き始め、車に乗り込むとき北でハシボソガラスが鳴き出しました。気温は19度でした。

     

    北エントランス周囲堤より筑波山とオギの穂波を望む北エントランスのゲートを抜け、周囲堤に上ると、筑波山の北にうっすらと朝焼けが見え、西の草地にはオギの白い穂波が見えました。写真を添付します。

     

    3ゲートの前に531分に着きました。気温は16度でした。ゲート近くのモーターがうなりをあげていました。西のヨシ原浄化地にも水が供給されているということです。東の沼からカモの声が聞こえたので、ひょっとして渡りのカモかとオギの茂みを抜けてみましたが、カルガモが3羽泳いでいて、私たちの音を聞き飛び立ちました。

     

    チョットコイと鳴き真似したモズアレチウリの花の周りを飛ぶスズメバチ道に戻ると、正面にモズがいて、なんとチョットコイと鳴き真似を1回しました。そのモズの写真を撮りましたので添付します。そこから少し歩くと、資材置き場にでましたが、アレチウリで覆われていました。さらに行くと、コンクリートが置かれていたので、ワンちゃんと上りました。南の水路には水鳥はいませんでした。東のクワの木はアレチウリに覆われていましたが、そこにスズメバチが飛び回っていました。どうも花の蜜を吸いに来ているようです。写真をご覧ください。

     

    コンクリートから下り少し歩くと、道の両脇には夏の花、アレチマツヨイグサやヒメジョオンが咲いています。まだ咲き残る夏の花夏の名残の花です。さらに行くとゴウゴウと水音が聞こえてきました。池から東に水が流れ込んでいました。ここには水を吸い込むモーターが設置されているようです。ここから谷中湖の道に上りました。谷中湖北水門のゲートは西が上げられ、東が下げられていました。ヨシ原で浄化された水が谷中湖に流し込まれているということです。ワンちゃんと護岸を下りてみましたが、カラスとシラサギがわずかにいるだけで、ガランとしていました。

     

    ここから水路沿いに歩きました。対岸で1人の男の人が釣りをしていました。スズメとキジバトの鳴き声しかきこえません。中央舗道に出ると、西のモーターがうなりをあげていました。東のヨシ原浄化地にも水が供給されているということです。東のクワの木にアオサギがとまっていました。

     

    車に戻り、ワンちゃんを車に乗せて、67分に帰路に就きました。今朝は、ウグイス、ホオジロ、オオヨシキリ、コヨシキリの囀りを聞きませんでした。

     

    離の池に咲くトチカガミの花昨日の夕方の散歩について報告します。昨日5時から離の池を見て歩きました。そこで、今までヒシだと思い込んでいた水草が丸い葉をもっていることに気づきました。インターネットで調べるとトチカガミだと分かりました。この池にはもう一つ水草が生えています。これは明らかにスイレンです。花は1つしか咲いていませんが、つぼみはたくさんあります。秋に咲くのでしょう。

     

    まだ枯れていないハスの実離公民館の東にはハスがあります。ここの実が食べられるのではないか、と思って見ましたが、ほとんどの実が茶色く枯れていました。1つだけ緑の実があったので、写真を撮ってから、食べてみました。すると緑であるにも関わらず、葉が立たないほど固くなっていました。考えれば、1000年前の種から芽がでるほどですから、よほど固くなるのでしょう。子供の頃食べたのは、もっと若い実だったことになります。写真をご覧ください。  高際澄雄


    第3水門周辺を歩く(9月21日)

    0

      皆様 今朝はワンちゃんを車に乗せ、57分に出発しました。全天晴れていて、日の出が見られるかもしれないと期待しました。シリウスと金星もまだ見えていました。ハシブトガラスは455分に鳴き出し、玄関に出た時も西でハシブトガラスが鳴いていました。気温は19度でした。

       

      第3水門と朝焼け藤岡小学校の南から周囲堤に行くと、なんと東には黒い雲が出ていました。それで囲繞堤サイレン搭でも停車せず、第3水門に向かいました。第3水門近くの観察台近くに515分に着きました。気温はなんと15度。かなり強い西風が吹いていました。ワンちゃんを車から降ろし、水門に向かって写真を撮りました。わずかに朝焼けが出ていました。

       

      第3調節池北端の蔓草に倒されたヨシ原観察台に上ると、北のヨシ原が蔓草で倒れていました。結局、その蔓草が何なのか確認できなかったのですが、カナムグラのように見えました。写真をご覧ください。

       

      観察台を下り、ヨシ原の中に入ろうと護岸を下りていきましたが、水路を渡ってヨシ原側に着くことはできないことが分かり、蔓草の種類を調べることは諦めました。鳥の鳴き声が聞こえるのですが、姿がよく見えません。鳴き方からするとセグロセキレイのようです。

       

      越流堤北側の水路とヒメガマ越流堤に沿って歩きました。これまでこうして歩いたことがなかったことに気づきました。歩けばずっと歩いていけそうです。水路の東端にはヒメガマが生え、スゲの仲間もありました。写真をご覧ください。

       

      ここから道を引き返し、護岸を登っていくと、途中に白い小さな花が咲いていました。見るとコヒルガオです。写真をご覧ください。

       

      護岸のコヒルガオ筑波連山と朝日に金色に輝く雲道に戻り東を見ると、筑波連山の北に朝日の輝く雲が見えました。写真を添付します。囲繞堤の斜面から鳥が飛び立ちました。ヒバリのようです。ここから第3水門まで歩いていくと、江川下流にカモのような形が動いています。写真を撮って期待しながら拡大すると、木材のようでした。残念。第3水門からはスズメの鳴き声が聞こえてきました。

       

      江川下流の写真を撮り、車に戻りました。ワンちゃんを乗せて555分、出発しました。帰り道、ヨシ原を倒した蔓草を見ながら車を運転しました。どうもほとんどがカナムグラですが、そこにワタラセツリフネソウの花が混じっています。カナムグラとワタラセツリフネソウは親和的なのかもしれません。61分、第1調節池囲繞堤の下に着きました。今朝は、ウグイス、ホオジロ、オオヨシキリ、コヨシキリの囀りを聞くことはできませんでした。  高際澄雄


      | 1/301PAGES | >>

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

      ワンちゃん(ジャレッド)

      愛犬ジャレッド

      東京のイベント紹介

      selected entries

      archives

      recent comment

      • 第1ゲートからヨシ原浄化地を歩き、ジャレッド怪我をする(9月15日)
        赤上 (09/16)
      • ゴルフ場サイレン搭から横堤に向かって歩き、オオヨシキリとコヨシキリの囀りを聞く(9月12日)
        赤上 (09/13)
      • 一本榎から横堤屋敷入口まで歩き、オギの出穂を見る(9月11日)
        赤上 (09/11)
      • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩く(9月1日)
        迷鳥 (09/03)
      • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩く(9月1日)
        迷鳥 (09/03)
      • 合同慰霊碑から板倉川排水樋管まで歩く(9月1日)
        赤上 (09/01)
      • 田中正造翁像から増水した渡良瀬川を見て歩く(8月20日)
        赤上 (08/20)
      • 台風通過直後の周囲地を歩く(8月8日)
        迷鳥 (08/08)
      • 台風通過直後の周囲地を歩く(8月8日)
        赤上 (08/08)

      recommend

      The Pelican Brief
      The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
      John Grisham
      ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM