西赤麻樋管から赤麻寺まで渡良瀬川沿いを歩き、エゴノキの花を探す(5月23日)

0

    皆様 今朝は愛犬ジャレッドを車に乗せ、5時10分に出発しました。晴れていてすでに日は昇り、スズメが鳴いていました。気温は15度でした。玄関を出た時、南西に18日の月が出ていました。


     

    西赤麻樋管近くに5時16分に着きました。気温は14度でした。ジャレッドを下ろし散歩を始めました。周囲提から北を見ると、ドブセの田んぼがほとんど田植えされていました。


     

    南には茂みがあります。よくカオジロガビチョウが鳴く茂みです。ここの東にエゴノキがあり、花が咲いているはずなのですが、今朝は見つかりませんでした。その代わりに赤くなり始めたクワの実と、アカメヤナギでもカワヤナギでもないヤナギです。図鑑で調べるとタチヤナギのようです。





     

    ここから道の高い部分に行き、渡良瀬川を見ると、昨日から水位の低くなった渡良瀬川が見えました。水位が減った分は岸の草に白いヘドロとなって残りました。写真をご覧ください。


     

    渡良瀬の里の南には仏像がありました。犬小屋を仏像小屋にしているのが独創的です。ここから南を眺めました。かつてここには赤麻沼があり、魚が湧くように獲れました。その真ん中が囲繞提のサイレン塔です。いかに広かったが分かります。田中正造翁は赤麻寺で行った最後の大演説会で藤岡台地を掘削して渡良瀬川の流れを変えることは、自然の恵みを失うことだと、赤麻村の人たちに訴えたのです。



     

    その大演説会会場となった赤麻寺本堂を周囲提から写真に撮りました。本堂は昨年立て替えられましたが、位置はほとんど変わっていません。最後の大演説会が行われた大正2年4月13日には村人数百人が集まったそうですが、その人たちの集まった庭は今は墓地に変わっています。


     

    南には渡良瀬川が流れていますが、すぐに南に曲がります。だいたいここが赤麻沼の外周です。


     

    帰り道、気づかなかったオニアザミが咲いていました。


     

    車に戻り、ジャレッドを乗せ、6時7分に出発、ドブセ周辺の雑木林にエゴノキがないか探しました。すると、私が赤麻小学校に通っていたころ、マラソンの目的地になったり、授業で自然探索をした丸山(ドブセの北の雑木林)に咲き乱れていました。やっぱり今は周囲の雑木林には当たり前にエゴノキが咲いているのを確認できました。  高際澄雄



    雨上がりのヨシ原浄化地を第1ゲートから多自然池まで歩き、エゴノキの花を見、コヨシキリの囀りを聞く(5月22日)

    0

      皆様 今朝は愛犬ジャレッドを車に乗せ、5時18分に出発しました。曇っていて気温は16度でした。

       

      雨が上がったので、霧を期待したのですが、出ていませんでした。ヨシ原浄化施設第1ゲート前に6時24分に着きました。ジャレッドを下ろし散歩を始めました。ゲートの近くにヒメジョオンがありましたが、まだ花が咲いていません。その少し南にスイカズラが咲いていました。その東にはオニアザミが咲いていました。



       

      ヨシ原には大雨の様子は残っていません。ヨシも倒れていませんでした。

       

      観察池の水も増えた様子はありません。その南を見ましたが、カンエンガヤツリの生える様子はありません。一昨年にはたくさんありましたが、昨年は3本だけでした。今年は生えないのかもしれません。


       

      観察塔に登れないので、周囲からしか谷中湖を見ることができません。満水のようです。


       

      タブノキにはすでに実が生っていました。そしてその先のクスノキには花が咲いていて、いい香りがあたりに漂っていました。



       

      多自然池に行くと、エゴノキの花が咲いていました。この季節、周辺の雑木林にはエゴノキの花が咲き乱れていますが、なぜか遊水地内の林にはエゴノキがなく、今までここと、第3調節池のニセアカシア林と、西赤麻樋管から下りた場所と3か所しか見ていません。ここのエゴノキは貴重です。


       

      そしてその手前でコヨシキリがあの複雑な囀りをやっていました。これでコヨシキリがこのヨシ原浄化地に来たことになります。

       

      木橋を歩いていると、ヒメジョオンの花を見つけました。ここからヒメジョオンの花が大分咲いていることが分かりました。


       

      第1ゲートに戻ると、ここでもコヨシキリが囀っていました。車に戻り、ジャレッドを乗せ、6時1分に出発しました。そして原まで来て車を停め、筌場の畑のウツギの花を写真に撮りました。「卯の花の臭う垣根に、ホトトギス早も来鳴きて」と文部省唱歌にあります。カッコウが鳴いてもおかしくないのですが、まだ来ていません。 高際澄雄


       


      | 1/584PAGES | >>

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      ★ラムサール湿地ネット渡良瀬

      ワンちゃん(ジャレッド)

      愛犬ジャレッド

      東京のイベント紹介

      selected entries

      archives

      recent comment

      • 北中央ゲートから屋敷跡を歩き、ヨシの焼け具合を調べ、小口一郎さんの油絵の写生場所を探る 昨夕一本榎道でチョウゲンボウのホバリングとチュウヒ・ハイイロチュウヒ6羽を見る(3月21日)
        高際澄雄 (03/22)
      • 北中央ゲートから屋敷跡を歩き、ヨシの焼け具合を調べ、小口一郎さんの油絵の写生場所を探る 昨夕一本榎道でチョウゲンボウのホバリングとチュウヒ・ハイイロチュウヒ6羽を見る(3月21日)
        赤上 (03/22)
      • 鷹見台から囲繞提を北に歩き、ウグイスの初音とヒバリの囀りを聞く 昨夕西前原第3囲繞提駐車場から石川橋まで車で走り、ハイイロチュウヒの狩り、争い、そしてノスリのホバリングを見る(2月24日)
        高際澄雄 (02/25)
      • 鷹見台から囲繞提を北に歩き、ウグイスの初音とヒバリの囀りを聞く 昨夕西前原第3囲繞提駐車場から石川橋まで車で走り、ハイイロチュウヒの狩り、争い、そしてノスリのホバリングを見る(2月24日)
        赤上 (02/24)
      • 第1水門西の駐車場から三国橋まで歩き、決壊口跡の碑を見る(2月23日)
        赤上 (02/23)
      • 藤岡神社西の旧渡良瀬川沿いを歩く 昨夕新赤麻橋たもと近くでチュウヒとハイイロチュウヒを、一本榎道で28羽のチュウヒとハイイロチュウヒを見る 一昨日夕方イノシシを見る(2月17日)
        (ランキングレポート(クロちゃん) (02/18)
      • 海老瀬平成橋から山口橋まで歩き、コウゾの無事を確認する 昨夕一本榎道でチュウヒとハイイロチュウヒ20羽を見る(2月14日)
        ランキングレポート(クロちゃん) (02/15)
      • 鷹見台よりヤナギ林まで歩く わが家にキツツキ来る 昨夕16羽のチュウヒを見る(2月5日)
        高際澄雄 (02/08)
      • 鷹見台よりヤナギ林まで歩く わが家にキツツキ来る 昨夕16羽のチュウヒを見る(2月5日)
        (ランニングレポート(クロちゃん) (02/06)
      • 中央エントランス駐車場から谷中湖まで歩き、カモとコサギを見る ポーランド旅行報告(1月25日)
        高際澄雄 (01/26)

      recommend

      The Pelican Brief
      The Pelican Brief (JUGEMレビュー »)
      John Grisham
      ペリカンの住む湿地をめぐる米大統領の陰謀

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM